プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人、日本生活20年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。世界平和統一家庭連合の諸活動を伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。読んでくださる方々に感謝申し上げます。

PCメール: hhyju888@gmail.com

最新コメント
Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

日本人の生き方-日本が母の国である理由

2017/11/28 22:12:26 | 私の随想録 | コメント:0件

「日本人の生き方-日本が母の国である理由」一日の歩みもご苦労様です。日本人はどう生きるべきか、なぜ神様は日本を母の国として選び立てたのかを考えて見ます時に、そこには、地形、気候、歴史の中で培われて来た国民性等があると思います。1.日本は地形の天恵を受けている(陸地の国境線がない)日本は、韓半島と235KMも離れた島国です。中国とロシアはもっと遠いです。北朝鮮もありますが、韓国がいるので安保上、防波堤に...続きを読む
スポンサーサイト

統一教会責任者としての反省

2015/09/30 23:07:17 | 私の随想録 | コメント:0件

文鮮明師は、統一教会は「ユダヤ教⇒キリスト教⇒統一教」の脈を継ぐと教えてくだった。統一教会は、すべての宗教と主義・理念を統一し、平和世界を建設するために現れた宗教である。本来、祝福はお坊さん以上、神父以上の基準で授からなければならないとも言われた。即ち、仏教的修行、カトリックの聖職者の修行を基準の上で祝福を受けてこそ、祝福の価値を輝かせるようになっている。1.統一信仰の現状しかし、我が統一教会は「再...続きを読む

「ブログの品格」

2015/09/29 09:44:16 | 私の随想録 | コメント:0件

 人に人格があるように、ブログにも品格がある筈だ。ここの日本ブログ村が提供してくださった、「家庭連合」のカテゴリーは運営者側から見ると、どのように見えるだろうか。一言で、この統一教会人たちの世界は、何か精神異常者たちの集まりのように感じられるか心配である。自分たちの教祖様が亡くなられて、その御夫人が教祖様の遺業をより良き方向に導いて行かれようとするのに、特に「真の父母」と言うので、その御夫人の存在...続きを読む

韓日は親戚・家族である

2012/08/23 09:35:06 | 私の随想録 | コメント:0件

最近、李明博大統領の言動によって政官界で冷やかな関係になりつつある。日本は、戦前の全体主義的価値観を持つ国でもないし、中国・ロシアの勃興もあるので、帝国日本時代のようにも出来づらい状況である。「従軍慰安婦、歴史の謝罪」問題は、韓国人の感情問題である。同じ事実に対して、韓日の捉え方の差があるが、韓国は情的(ある面感情的)に受け取るし、日本は知的(ある面理性的に)受け取るのがある。澄み切った半島の国民...続きを読む

マッカーサー元首の「息子のための祈り」

2012/03/26 19:40:57 | 私の随想録 | コメント:0件

マッカーサー元首の「息子の為の祈り」です。マッカーサー元首は、篤実なキリスト教信者である、母親から母胎信仰で育てられたと伝わります。生前、神様の前に捧げられた「息子のための祈り」が韓国でも流行っています。主よ!我が子を教え導きたまえ!気弱になりそうな時にも、屈することなき強い心を持てるように。恐れの心が起きた時にも、勇気を以って立ち向かえるように。誠を尽くしながら失敗した、その中に在っても落胆しな...続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。