韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再臨メシヤの祈り 「イエス・キリストの心情を体恤させてください!」

 お父様!愛する弟子たちを残しておき、十字架の峠を越えて永遠なる世界へ行かなければならないイエス様の心情を分からせてくださり、3年間、喜怒哀楽を共にしながらついてきた愛する弟子たちを、あなたの膝の前に集めておき、案じられ、懇切に請われたイエス・キリストの心情を体恤することができるよう許諾してください。

 心で酌み取り、体で体恤し、それに応える事のできる心が天に染みわたり、地上の人間を動かし、その心が動けばともに動き、一つのみ旨に対して謙遜なる祭物として捧げられる愛する子女達となるよう、許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げます。

 苦海のような環境で従ってきた数多くの群れは皆離れ、12使徒だけ残りましたが、その中にも間もなく自分を裏切るユダがいるということを感じていたイエス・キリストの心情を、私たちが体恤できるよう許諾してください。人を信じて役事した3年公生涯の路程が、このように寂しい環境で残るようになった時のイエス・キリストの心情を、今日、私たちが体と心で体恤できるよう許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げます。

 お父様!十字架の死の道を前にして、天と一門一答されたイエス・キリストの切ない心情を、今日、私たちが体恤するようにしてくださいまして、お父様の前にひれ伏した生きた祭物として、その心に慰めの対象となりうる子女たちとして立ててくださいますことを懇切にお願い申し上げながら、主のみ名によってお祈り申し上げました。アーメン(1956.5.23) 


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2013/12/24 13:26 ] 金言・名言 | TB(0) | CM(0)

真の御父母様の万物観!

万物に対して喜びと悲しみ、 両面を感じなければならない堕落人間

     『文鮮明先生み言選集第六巻』

 神様が自ら造られた善なる万物の中でも、神様が一番愛されるものがあると同様に、皆さんも花ならば花の中で一番愛する花があるでしょう。そういう感情がないなら、その人は心情世界での不合格者です。「花の中で何の花、木の中で何の木を一番愛し、草の中でも何の草を一番好む」と言うことができなければなりません。それでこそ自然を恋しがる心が生じるのです。

 私の生命が躍動すると同時に、その生命を抱いてあげることができ、自然を引き込むことができる心情の因縁をもっている人は志のある人であり、むやみに生きられない人です。
 
今日、私たちが見つめるこの自然はいかなる自然であり、自分が踏んでいるこの地はいかなる地でしょうか。悲しいことに、喜ぼうとして悲しむべき地になりました。

 万物を見つめるとき、心に良いと感じられる反面、悲しい事情が残っている嘆息圏にある万物であることを感じなければなりません。景色の良い名勝地があり、そこを眺めて良いと感じても、無限に悲しい感情を感じて父とつなげることができる人になるべきなのが、今日の堕落した人間の立場です。
 
 これから私たちは一握りの草をつかんで喜びを感じる代わりに、悲しんで泣くことができる自分になり、喜びを元に戻して一本の木をつかんで泣くことができる自分となり、山河あるいは万象を眺めても、深いため息をつくことができる姿にならなければなりません。それはエデンが恋しくなる心をもっているからです。そういう心情に浸っていらっしゃった方が神様であり、そういう心情の因縁をまだ抜け出すことのできない人間であるということを知らなければなりません。
 
 そのような心情をもった人ならば、自然を眺めてもエデンを懐かしがることができます。「懐かしきエデン」と言うならば、自然も恋しくならなければなりませんが、またその中ですべての被造万物を主管することができる本然の人間も恋しがらなければなりません。


※コメントされる方は、出来れば実名・居場所、職業を明記し、礼儀正しい表現をお使いください。
そうではないコメントに対しては、変人の呟きと見なし、即、削除させて頂きます。

[タグ未指定]
[ 2013/07/24 08:29 ] 金言・名言 | TB(0) | CM(0)

福ある者の道!

小学生ころ、キリスト教会に通った時に、詩篇の第1篇をよく暗唱した。

「悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、

 あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。

 このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。

 このような人は流れのほどりに植えられた木の時が来ると実を結び、

 その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。
 
 悪しき者はそうではない。風の吹き去るもみがらのようだ。

 それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。

 罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。

 主はあしき者の道を知られる。しかし、悪しき者の道は滅びる」。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2011/11/08 08:32 ] 金言・名言 | TB(0) | CM(0)

徳川家康公の遺訓から

先日、日光東照宮に行きました。
日本人は勿論、西洋人、中国人、韓国人、多くの観光客が訪れていました。
あの世におられる家康公の、生きてる力を実感できる時間でした。
家康は、祖母(母親の母)、母親も再婚させられて、幼い頃屈辱の中で13歳までも人質として過したと言われます。母親が妊娠された時には、寒い冬井戸水で水行されながら、「国の中での戦の争いを終わらせる偉大な人物が生まれるますように!」深く祈られたそうです。その結果、偉大な人物が生まれました。国を越えて、心に響く遺訓です。


llll
 「奥宮、家康公が永眠しておられる!」

「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。 

不自由を常と思えば不足なし、心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし。
 
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。          
 
勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至る。 

己を責めて人を責めるな、及ばざるは過ぎたるより勝れり」。
                                    -成城教会長拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2009/11/14 15:16 ] 金言・名言 | TB(0) | CM(0)

福沢諭吉先生、「心訓七則」

福沢諭吉先生が書いたものと俗に言われている、心訓七則です。
100年の前の文章でしょうが、今の現代生活に、吟味したいものです。


一.世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つことです

一.世の中で一番みじめなことは、教養のないことです

一.世の中で一番寂しいことは、仕事のないことです

一.世の中で一番醜いことは、他人の生活を羨むことです

一.世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して決して恩に着せぬことです

一.世の中で一番美しいことは、全てのものに愛情を持つことです

一.世の中で一番悲しいことは、うそをつくことです

                                   -成城教会長 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2009/10/27 08:57 ] 金言・名言 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。