韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統一教会への疑問にお答えする

統一教会(=世界平和統一家庭連合)の永遠の中心は、真の父母様であられる。そして、真の父母の思想と理念と生き方と姿勢に一番似て、それを実践する方がその次の中心である。我々の本心は、その方に従うのである。究極は神様(天の父母様)であられる。

1.文鮮明総裁・韓鶴子総裁の歴史にない御苦労
言うまでもないが、文総裁は生涯6回も無罪で牢獄生活を強いられた。新しい真理、価値観を宣布し、広げたことで国々な世間から多くの誹謗と中傷を受け、幾多の試練と迫害を超えて来られた。家庭を犠牲にされ、祖国を後ろにし、愛する弟子、愛する信者を失い、愛する実子を5人も先にあの世に送られた。文総裁の心境、心の苦しみは人類歴史の中で誰さえ体験出来ないものであられた。

韓鶴子総裁の心情の痛み、苦しみもそこに劣らない。メシヤ・真の父母という方は、全人類の親の親であられる。文師も韓総裁も可哀想な人に会ったら助けなくては居られないお方である。人の苦痛、苦しみを直ぐ御自分のものとして捉える感受性の鋭敏な方であられる。

2.統一教会幹部たちのご苦労
文師はまるで、不死鳥のような方だった。一生の間、毎日3時間以上は寝られなかった。韓総裁も基本的には3時間睡眠だった。人類救援という徹頭徹尾の使命に満ちた、健康抜群の方に仕えるのは容易なことではない。幹部たちは朝4時半頃まで公館に向かい先生に会い、夜12時越える時まで、様々な報告をしたり文師から指示を受ける。これを、幹部の方々は十数年間、数十年間やってきた。体力の弱い人は倒れてしかたがない。家族と離れ、海外宣教の任地で苦労する方も相当多い。今も・・

世界各国に既成宗教の壁が厚い中で、新しい新興宗教として基盤を広げていくのは並大抵なことではない。人知らぬ、天のみ知る多くの祈祷、精誠、投入、苦しみがあった。文師ご夫妻の寝食を忘れた指導と祈祷、幹部の方々の苦労、現地・現場の食口たちの苦労もあって、短期間に今日の世界194か国に宣教の基盤を広げることができたのである。

ここで、重要なのは、幹部の方々が「文師ご夫妻に似姿をみせる」ために多くの苦労を重ねて来たのであり、その家族も、大変な環境の苦しみを味わいながら暮らして来たのである。そこに、相応する経済的な支援は乏しいものであった。開拓の段階だからである。

「統一教会の幹部に経済的な不正!!」と裁く方々がいるが、自分たちはどれほど天のため、人のために尽くし祈り、天のみ旨を拡げて来たのかお尋ねしたい。統一教会の草創期の50年代、60年代には、韓国の信者たちが教団に多くの寄付、献金をして来た。日本人の中には、日本の信者のみが献金をしてきたと思っている方が多いようだが決してそうではない。文総裁の先見の明で、事業や土地の購入を通してのちにビックリする位の基盤を築けたこともある。愛の心はものを通して現れる。我ら信者たちは、献金を捧げることによって神の愛をより近く感じ、信仰的に心の自由と平和を得るのである。世にも死後、私財の多くを寄付して逝かれるがも多い。地上は短く霊界は永遠だからだ。永遠の世界の暮らしのための蓄えと言ったらいいかも・・・

3.日本の総会長の方たちのご苦労
特に、日本の総会長、統一教会会長のご苦労は想像を絶する。朝も、夜も、昼もない。大体、日本の総会長、会長になられる方は任期中に数回は倒れて入院される場合が多い。それくらい、超人的な再臨メシヤ=文師に支えて、仕事を熟すのは大変なことである。

4.総会長の方々の霊力・感動・感化の力
元・前総会長の方の不正を論ずる方が内外にいるが、実際の根拠のないことが多い。率直に、統一教会で長年献身的な公職を務めてきた方たちは、老後の対策がまもならない方が多い。特別な年金も恩給もない。統一教会の乏しい福祉状況の中で、仕方のない苦肉の策だったと思える部分もある。総会長の方は、長年の牧会経験と文師から直接ご指導を受けた方たちで、抜群の霊力・指導力・感化力をお持ちである。末端教会の食口に会ってくださり指導してくださると、大きく復興・復活し、根本的に変わって行くのである。現場の責任者としてできない部分である。その食口たちの心からの感謝の気持ちを御礼として差し上げたのである。それに対して、「不正な金集め」として見るのは同意できない。

5.寸志と謝礼
ここで、重要なのはその方が数か所から、御礼を受け取って何をされたかである。日本の統一教会では、総会長から率先して摂理献金を捧げて行くのである。多くの現場責任者たちもそのようにしている。自分ができてないのに、献金してくださいと令が立たない。一生を私心なく、公的に、名もなく光もなく名誉もなく生きて来た統一教会の多くの幹部たちの人生路程は、後輩信仰者たちい殷殷たる感動をくださる。ここで、心からの御礼をもらったとして、それを不正蓄財に見なすのは無理がある。総会長の指導を受けて、より深く多くのことを諭せられ、その信者が人生に頑張る動力になったら、現場での数万の御礼は、数百以上の価値を生み出したことになる。ましてや、統一教会食口の苦労を直接見て回るので、総会長の方たちは苦労する食口に少しでも物として愛を配ってくださる。或いは、世界で苦労するもっとも貧国の食口たちのためにも、配慮しておられるのである。或いは、み旨の同志たちのために配っておられるかも知れない。日本の歴代総会長たちは、文師の指導に基づき「ために生きる」哲学を実践して行かれる。

6.韓国人責任者はみな悪い、韓国に帰れ?
先ず、日本の真の主人は誰なのか。竹島がああだこうだと顔無く、ネット空間で密かに呟く、出鱈目な日本人ではない。日本をより愛する者が日本の主人である。ある外人が日本を日本人より愛すれば彼が日本の真の主人である。

我々、韓国人責任者は100%日本人と祝福結婚した。絶家になるそうな妻の実家に、祝福結婚のお蔭で子どもが平均3-4人は生まれた。先ず、これだけでも日本の少子化問題に多いに貢献したのである。殆んどが、日本生活17年以上にもなるが、ある面、半分は日本人である。子ども達も日本籍も多い。日本人自ら言われる、情の乏しい家庭の中で、不足であるが、我ら韓国人責任者に出会った日本人食口の情が暖まり、家族の親子関係、夫婦関係が見直され、家庭を健全に守れた方も多い。まだ、韓国文化を近くで接し、相当の日本人信者たちが感謝している。逆に、我ら韓国責任者たちは、謙虚に日本の良さを学んで来たのである。韓国に行ったら日本を宣伝する時もある。

7.日韓関係改善の最高の功労者は統一教会、韓日・日韓家庭である
文師自ら、良く仰ったことだが、国家間な平和の一番の近道は国際結婚である。かつで、敵性国の夫婦の間に子供が生まれたら、2世からは二つの国が「父の国・母の国」になってしまう。幾ら、過去恩讐関係であったとしても、先祖まで家族になってしまうのである。真の平和は、家族になるところで生まれるのである。そういう面では、統一教会は韓国・日本に絶対に必要である。

そういう面で、我が統一教会信者たちは、日韓・韓日関係の中でもっとも素晴らしい民間外交官の役割をしているのであり、両国の結びであり、架け橋なのである。ある面、我が統一教会でなければ日本の少子化を克服する道がない。我が教団では、純潔な結婚、子3人の出産、三代が住む家庭を奨励しているからである。

今の時代の物差しで統一教会の活動を測るのに100%合致しないのが随分あり得る。既存に無かった、新しい真理・価値観であるからである。江戸時代の鎖国の価値観で、明治時代の開国の志士たちの動きを測ることはできない。我が統一教会の諸活動にも、今の時代からすると革新的な部分がも多いので、今の法律・測りで理解し難い部分がある。時代がある程度過ぎたら、統一教会の様なことに対する、正しい解釈、判断ができるようになるであろう。

長い文に目を留めてくださる方々に感謝をお捧する。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/02/26 23:21 ] 一言の提言 | TB(0) | CM(0)

二つの記事の削除理由

拙い小生のブログに目を留めてくださる見知らぬ方々にお礼を申し上げます。

先日アップした、「文鮮明師の聖和直前の状況について」と
「文亨進前世界会長の映像説教の問題点について」の記事は、削除させて頂きました。

理由としては、食口の一人として「良心宣言」のような気持ちが強かったですが、永遠に崇敬する天地人真の父母様の聖和や御子息の方の話しをネット空間に載せるのは不敬だと気付いたからです。

関心をもって読んでくださる方々には、有り難く思っております。皆様の幸せを祈ります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2015/02/18 23:44 ] 一言の提言 | TB(0) | CM(0)

한일관계 개선에의 제언

한국의 정치인들은 일본의 주간문춘의 보도에 신경을 곤두세울필요는 없습니다. 주간지의 보도는 상업성이 짙어 일본국민에게 자극적인 기사를 실기 일수입니다. 기자분들도 자극적인 기사에 민감하게 반응할 필요도 없을 것입니다. 개인에게도 자존심이 있듯이 국가에도 자존심이 있을것이고, 국제관계를 잘 풀어가고 싶어도 국민의 여론과 의식을 무시할수 없을 것입니다. 일본인들을 개인적으로 만나보면 한일의 역사문제에 대해서 좋았다고 얘기하는 이는 별로 없습니다. 정치인들의 발언은 여론을의식한 탓도 많습니다. 지는 것이 이기는 것이다라는 말이 있듯이 한국이 진정으로 일본을 이기려면 한국이 먼저 일본을 이해해주는 아량도 필요할 것입니다. 「과거에 잘못했으니까 반성해! 」라는 요구에 순순히 응해오지 않는 것은 섬나라로서의 복잡한 사정도 있습니다.

일본의 집단적자위권문제는, 한국으로 보자면 자주국방개념의 측면에서의 이해도 필요할 것입니다. 한국언론에 군국주의재무장 운운은 피해의식의 소산입니다. 최근 한일의원단과 아베총리와의 대화에서 나타나듯이 속내에는 미안함이 많이 있습니다. 현실정치와 외교문제를 담당하시는 분들은 전략적사고를 가지고 양면에서 접근해야 할 것입니다. 언론의 자극적인 보도와 정치가들의 감정적인 감정적 발언으로 인해 한일관계가 경색되어, 결국 피해를 보는 것은 관광, 무역, 한류이벤트회사, 신오오쿠보의 한국상업종사자들입니다. 정치가나 관료들은 생계에 아무런 지장도 받지 않습니다. 물밑접촉을 많이 해야 한다고 봅니다.

일이 진행되는 과정은 언론에 공개해서는 안된다고 봅니다. 한일간의 갈등이 지속되면 어부지리는 중국이 챙길 것입니다. 국제관계의 대원칙은 국익의 최우선에 있습니다. 옛말에 속지마라 ⭕️⭕️놈이라 하였습니다.

한국의 문화가 세계에 퍼져나가고 한국어를 배우는 세계인이 늘어나고 한국의 부모에 효도하는 문화와 따뜻한 정의 가족문화가 세계에 널리 퍼져나가고, 북한도 머지않아 자유시장경제체제로 이행하여 남북통일의 빗장이열리고, 금강산에도 백두산에도 마음껏 가볼 수 있고, 주몽이 달렸던 만주벌판을 말로 달려보고, 대조영장군의 해동성국의 묻혀버린 역사를 발굴, 복원하여 찬란한 한민족의 역사를 만들어 가는 것, 이는 배달겨레 우리모두의 부풀은 꿈일 것입니다. 중국의 국가지도기본이념은 유물론철학에 기반한 모택동주의요, 목표는 중화문명의 창달에 있습니다. 지금도 반체제운동에는 무자비한인권탄압이 끊이지 않고 있습니다.

그런데 한가지 대단한 것은, 한국을 존경하고 흠모하는 중국인도 있다는 사실입니다. 중국의 통일교인들입니다. 그들은 일본에도 한국을 신앙의 조국으로 여기고 지난역사를 진실로 눈물로 회개하고 살아가는 사람들이 많다는 사실입니다. 그들은 일본의 통일교신자들입니다. 문선명선생의 사상과 이념안에서는 한국, 한민족은 위대한 나라요, 존경받는 민족이 되어 있습니다.

[タグ未指定]
[ 2013/11/16 14:11 ] 一言の提言 | TB(0) | CM(0)

「脱日本論」 日本的価値観を超えよう!

今年の3.11の未曾有の東北大震災で日本社会には多くの変化が訪れてきた。
個人主義の蔓延から家族の大切さを考える雰囲気に、無縁社会から、’絆’を重んじる社会に変わってきた。戦争より酷い可哀想な被災地を様子を見ながら、世界は国と民族の壁を超えて泣いた。

「人間の不幸の中で、あれほどの不幸があるだろうか!」と。

迷い迷った民主党政権も野田佳彦総理の登場で、普通で落ち着いて来た。日本に住む者として嬉しく思うことである。激変する国際情勢に素早く対応して行かねばならないことが山積みである。

戦後65年の日本社会の現状を短い言葉で言うならば、「平和ぼけと現実への満足と内こもり」ではなかろうか。逆に申しますと、共産主義社会への甘さ、覇権主義への警戒心の欠如、開拓精神の低下、急激な変化を恐れる保守的思考の蔓延と言えるだろう。

かつでの世界2位の経済大国の座は中国に追い抜かれ、造船・半導体・液晶テレビ・IT産業などの分野で韓国企業に追い越されている。日本を代表するアパレル企業「レナウン」のオーナは中国人に換わった。正に、逆転だ。

1885年3月16日、福沢諭吉先生は西欧諸国を見学し、時事新報に「亜細亜を越えて(=脱亜論)」を載せた。当時、福沢諭吉先生の西洋事情への的確な紹介は、当時の日本の近代化や外交政策に少なからずの影響を与えたと言われる。結果的に、日本は東洋を支配する国として大きな成長を遂げたのである。

しかし、「月も満月になると傾き、権勢は10年続かず冨は3代を続かない」と言われるように、運も歴史も巡りめぐるものである。今は、日本のみならず、過去、西洋列強と言われた国々が大きく揺れているのである。「ヨーロッパーの経済危機(ギリシャ、イタリア、ポツトガル等)アメリカの2兆ドルが超える財政赤字、ロンドン、ワシントン、NY市内での格差社会を訴えた若者たちのデモ!」など。

戦後日本の経済繁栄には日米同盟の防波堤が大きく助けになったに違いない。しかし、今年の10月のアメリカ連邦議会では、防衛予算の6700億ドルの削減が大きく取り上げられている。軍隊の20万人を減らさないといけないと言うことだ。米の財政専門家たちは7000億ドルまで削減しなければならないと見込んでいる。かつでの、日米・日韓同盟の同じ状態を期待するのには、アメリカの経済状況があまりにも悪化されている。

ここで、日本は孤立されやすい状況に置かれている。最近、日本はかつで帝国日本時代に得た国土に対する領有権を主張し続けている。尖閣諸島、北方領土、竹島(独島)問題である。14年間日本に暮らして見ながら感ずるのは、今の日本は過去の東洋を支配してきた「帝国大日本国」ではないということである。申し訳ないが、今の日本は、民族の魂も国民精神も、戦前に比べて遥かに弱まっている。単に申して、戦前生まれの日本人と戦後生まれの日本人は、精神力や健康面で非常に差を実感するのである。一言で、強い日本の時代に拡張させた領土を守る力は弱まり、国民精神をまとめる政治指導者も導く名分も足らないのが今の日本の状況だと思うのである。

ここで、中国の古語が思い出される。「2匹のウサギを追うな!」と言うことである。

過去の国威を守ろうとすれば、現実の力が及ばず分散されてしまい、より大きな危険にさらされる恐れが高すぎる。中国は体制と思想が違うし、ロシアも力が伸びて来た。

日本の味方、頼りの国はどの国なのか。それは、嫌でも韓国である。日本人の中には、韓国を毛嫌う方もいる。しかし、現実を冷厳に見つめるしかない。今の日本は、離れ島にいるような孤立されつつある。特に、竹島(独島)問題で摩擦を起こすことは避けるのは賢明であろう。日韓関係が悪くなると、日本は孤立無援の立場になるからだ。もし、韓国とも関係が悪くなると、日本は大変な立場に置かれてしまう。

徳島県議会では日韓トンネル事業を国に求めたが、文鮮明師の提唱のように、いち早く、日韓トンネルを掘る方向に進むべきであろう。後には、日韓の軍事的同盟を結ぶ方向に行くべきである。

歴史的な円高で、日本の多くの企業が積極的に海外に進出しつつある。これは、神様の摂理だと思う。日本は世界に出て行くべき時である。日本には世界に誇れる、「極めた技術力と正確さ」がある。人にも長所があるように、国にも国民の長所がある。それは、長い歴史の中で神様が培わせた能力だと思う。この繊細な技術力と正確さを世界に輸出しに出て行かなければならない。

今の日本は65年間、内にこもってきた日本的、日本の中での満足から大幅脱皮して、韓国とはより近い関係を結び、理念を同じくするアジア諸国と強い連帯を取りながら、積極的に海外に向かって進んで行くべきであろう。ヨーロッパ憧れの「アジアを超えて」ではなく、戦後65年の冬眠から目覚め、「海に囲まれた安全神話の日本」ではなく、津波と嵐を乗り越えて、日本と東洋社会での真珠を磨き出し、アジアに世界に向けて出立する時である。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2011/11/09 21:17 ] 一言の提言 | TB(0) | CM(0)

悪質、嘘・偽りを書き続ける「ようのブログ」は、自分の正体を現してください!!

日本ブログ村の「統一教会」カテゴリに、あんまりにも悪質ブログがある。

それは、他ならぬ「ようのブログ」である。
あんまりにも悪意に満ちたブログで吐き気がする。

ようさん!あなたがどういう人なのか、これ位で正体を現したらどうか?
記事に対する、自身があれば、実名を出してください!
あなたの記事は、あんまりにも偽り、嘘、行き過ぎで、悪臭が絶えない。

30年前から信者と紹介しているが、あなたは信者だった筈がない。
まともな信者だったらこんなことまでは書かないだろう!

悪意に満ちた記事を書きし続けるあなたの心はどうだろうかが気になる。
あなたは自分の考えはあんまりく、
木藤弁護士、自称裏切り者-朴正華氏の
記事などをそのままコーピ、貼り付けて
ネット空間を落書きとゴミ捨てをし続けている。

あなたの記事は、生ゴミより酷いんだ。
是非、この位でやめて、自分の仕事に充実したらどうだろうか?

もし、誰かからお金をもらいながらこんなことをしているなら、
あなたは左翼か共産党の案山子や手先かも知れない!

ようさん!早く、実名を現してください!
あなたには、道義的な面で名誉毀損(罪)が待っているでしょう!

(ある方のご指摘、有難うございます)
   



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


[タグ未指定]
[ 2011/04/09 11:52 ] 一言の提言 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。