韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

目はどこを見て、耳はどこに傾け、心はどこに向かっているだろうか。

最近、私たち統一食口は色んな面で複雑な気持ちである。人生に迷い真理と真の指導者を探し求めてきて出会ったのが、統一原理と文鮮明師ご夫妻=真の父母様であった。人間は、地上で永生はできないので、創造原理に順じ、文鮮明師も2012年に御聖和された。韓国では、長らく文鮮明師を支えてきたK氏が本流から離れ3男側に付き、日本でも元会長二人が履き替えした。そして、かつでの因縁を探して、日本の彼方此方を回り、混乱を来たすのである。

 韓国のK氏は最高幹部だった。その職位を濫用し、巧妙な方法で統一グループの公的資産のエキスを奪い、売り飛ばした。歴史が生きている限り、善悪の神、正義の神がおられる限り、多くの信者の血と汗と涙の公的資産を持っていた群れは、必ず、罰せられる日が来るであろう。

日本のK氏は、米ダンベリ刑務所で文師の門番まで務め文師から最高の御恩を受けた方だ。文師の聖和後、「自分の前にはアベルがいない」と言いながら出て行った。裏切りだ。過去の立場的待遇が、一気に無くなったのでか知りませんが、とっても残念なことである。それで、今は日本を回りながら、かつでの心情の因縁を探し、食口の心を混乱させている。

E氏は脱会書まで出した。会長宛に送った脱会届を公けに公開し、組織の内部事情をネット世界に散してしまった。これこそ卑怯な行為である。全国で幼い食口たちが、E氏の真似をしている。人間はいい事は慣れにくいが、悪いことは自ずとできてしまう。文鮮明師は、1999年、済州道での「第一回、全日本食口修練会」の場で、「この女に敬拝するように!日本を代表する女である」と言われたので、私も礼を尽くした。最近は、7男側で作ってくれた聖酒・聖塩を、元宣教師たちの宛に送っていると言われる。立場上で持てた個人情報を悪用しているのは、公職世界ではあってはならなことで、道義的な面でその規則違反行為への責任を問うべきである。これが、かつで、皆から尊敬を受けた「最高責任者たち」の人格と信仰かと思うと、悲憤慷慨さを禁じ得ない。

金孝男訓母ニムは、「祝福家庭の悩みを解決してくださるために、身を粉にして献身的、精誠に精誠を重ねて来られた。あまりにも大変な霊的な重荷を背負われたので、家庭に予測できないことが起こったと思う。誰でも公的な歩みに徹して行こうとすると、家庭が犠牲になる時もある。

私は、固く信じる。文鮮明師と人類の真の母であられる韓鶴子総裁こそ、我々の永遠の真の父母であられ、全人類のために生きてくださる方だという点を!私の罪のために生きてくださり、命を投げられた方が、イエスであられ、文鮮明師ご夫妻であられるのだ。そして、興進ニム、孝進ニムが子女のモデルである。ご子女の方たちが、全人類の罪を贖うことができるのか。何か、地位と権限を奪われたという剥奪感に満ちていて、怨念を晴らすことにしか見えない。一般世界でも、父親がおられないと母親に礼を尽くすのは当たり前のことである。人間世界の基本もできていない人に、誰がついて行くだろう。牛が笑うことだ。

文師のご子息の方たちの発する表現には、怖さを感じるところが多い。怒りに満ちたその顔には、神様を感じ得ない。統一教団のリーダーを裁いてしまい、悪者にしてしまう。自分たちの両親に従い命かけて支えてきた、責任者と多くの統一食口たちを踏み躙ってしまう。自分たちの体には、統一食口の血と汗と涙によってできているのをご存知ですか。

神様の本質は真の愛だ、食口誰でも知っている。真の愛は、投入して忘れ、限りなく赦し、自分が損しても相手に得してあげよとする心である。どころで、ある子息は食口からの血と汗を奪い公金を流用し、ある子息は母親に向かって、自分の前に来て敬拝せよ!と狂言を吐く。びっくり仰天する。度を過ぎても程度があるものだ。人倫道徳も知らない姿に飽きてしまう。以前の姿を思い出すと考えられない。あれーっ!どうしてるんだー!皆、首をかしげる。日本のある家庭では、宗教喧嘩が起こった。子どもの前で、「どちらにつくのか?」と。子どもが相当の傷を受けた。第二のマルクスが、日本の祝福家庭の二世の中で出てくるか心配になる。怨念は怨念を生むばかりだ。

皆は、己を察し、万物を愛し、人を愛し、天を仰ぎ見て、自分の心にどれくらいの愛があるのか省みながら、歩んで行くべきであろう。

日本の諺に「親思う心にまさる親心!」とあるが、我らの前に「真の父母にまさる、真の愛の完成実体」はおられない。人類の永遠の救い主は、イエス様と再臨メシヤ、真の父母、文鮮明師・韓鶴子総裁のみであられるのだ。子女がいくら優れても、真の父母の代わりになることはできない。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/09/22 20:15 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)

美しい文章は美しく人生を、汚い文章は人生を汚れの場に追い込む

心に思い描くものは、いつしか必ず、形で現れます。
美し言葉を発する人は、その周りには美しい波動が囲み、必ず、人生も良き方向に導かれます。

否定的なこと、マイナス思考に満ちていると、その人の人生は、否定的マイナスの方向に流れて行きます。

良き言葉、褒める言葉、優雅な言葉は人を勇気づけ、励まし、やる気を出させ、人を良き方向に導いてくれます。

僕は、文章もまったく同じ働きがあると思います。
名門は、読む人の心に響きを与え、殷殷なる感動を残し、良き行動を導き出します。

人生とは、何かを残して行くための道なのです。

美しい文章を通して、美しい心を呼び込み、心と脳裏に一生の間、留めておきたい、
素晴らしい文章の創作が沢山生まれますよう祈ります。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


[タグ未指定]
[ 2015/03/08 02:53 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)

前世界会長のYouTube映像をどう理解するか

先ず、統一教会の全ての公職の人事発令権者(特に、国家会長以上)は、真の父母様であられる。真のお父様の聖和後の中心は、真のお母様であられる。

統一教会の教祖は、真の父母様お二人である。真のお父様だけではない。真のお父様の生涯最大の実績は、真のお母様であられる。

真の子女様は、まだ、完成人間ではない。率直に統一教会の食口の現場を全て理解しておられると思えない。三男は、真のお父様の人事命令に見事に不服した。この世にもないことである。軍隊なら抗命罪に問われる。

七男は、真のお母様から、三年間位の訓練を命じられたと伺った。ところで、この世の神学知識で再臨メシヤ(真のお母様)の成されることを測っている。そして、真のお父様のことのみ語る。どうも腑に落ちない。聴くところ、真のお母様が待っておられる。しかし、奇想天外の「全世界の幹部解任!」と映像命令を下した。今の立場は、真のお母様に幹部の人事命令権があるのに、「映像説教で解任云々されるのは」、あまりにも荒唐無稽なことである。

そして、映像を通して、純粋な日本食口たちに訴えている。世界を率いた方ならば、皆を愛すべきである。幹部の不正は、静かに真のお母様に報告し、解決して行かれるのが世界会長らしいの品格でありましょう。

多くの食口が、世界会長を尊敬し、待っている。しかし、最近見ると、三男と同じ道を歩み出したように見える。誰がサンタで、誰に悪霊が働いているか分からない。今、全ての教会は真のお母様を支えて歩んでいるのに、何故、真のお母様の意向に従わず、並外れた命令を出すだろう。現場の食口が混乱される。

これこそ、分裂を促す反統一的な動きではなかろうか。ある面、ポピュリズムに訴えているようにも見える。誰もが、勝てに利用できるYouTubeの映像に、教団の奥の情報を載せるのは、イスラムの自爆テロのように思われてしかたがない。

「統一教会の世界のトップだった方が、これがなーに?面白いぞー!」とあざ笑う。獲物を探す多くの人々に、立派なエサを与えたことになってしまう。次には、また何が出てくるだろう。

現場の食口の方々は、正しく判断すべきである。我らの永遠の中心は、真の父母であられる。申し訳ないけど、まだ、ご子女様ではない。真のお母様から、完全な認定が下されるまでは、ただ、真のお母様にしたがうべきである。

そして、教会は天国生活の訓練場である。何かの言えないことがあれば、ブログに載せるのではなく、2世なら親に、食口ならアベル、責任者、模範的な先輩家庭に、それも通らなければ、本部の総合相談室に尋ねるべきである。ネット空間での食口が載せる批判記事は、我ら教団の力を損ねる所に悪用され、結局は書いた本人にも何らかの霊的な弊害が訪れるである。

そして、心の中にはいつも、真の御家庭のご安泰のために祈るのである。我ら統一信仰の究極は、真の愛の心情の完成にある。合わない人こそ、合わないアベルこそ、合わない責任者こそ、それを越えれば、私たちの心情は大きく成長するのである。立派な人は、誰でも仕えることが出来る。見知らぬ多くの統一家族の理解し合い、励まし合い、支え合いを今宵祈る。<拝>



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


[タグ未指定]
[ 2015/03/01 01:08 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)

根拠なき批判記事は、怨念を募らせ、自ら裁かれる

目下の統一教会ブログは、統一教会裁き戦国時代のようである。

そもそも、ネタの元のなる、前統一教会の映像や韓国の日刊紙の報道がいくらあったとしても、事実の是非が、確認されているわけでもない推測乱舞の記事が飛び交っているのだ。統一教会のことを記事にすると、良く売れる、読まれるという商業言論の金稼ぎの習性から生まれる記事も多い。

筆者は、言葉にも言霊があるように、文章にも文霊(ふみたま)或いは字魂があると思う。有名人のつぶやきは、人々の心に大きく影響し、社会の反響を起すのである。少々、無名人だとして、言葉も、論理にもならない虚位の事実をネット空間に貼り付けると、これこそ、深刻なネット公害になり、人々の精神健康に悪い影響を与える。

1.世界会長の映像説教について
一々、反論したくもないが、世界会長の映像自体に問題がある。韓鶴子総裁が、ピーステレビの社長や数人の幹部によって操られている話、ご本人の人事に纏わる発言は、教団内の認識とは相当の違いがある。韓総裁は、誰より優れた判断力と鋭い霊力の持ち主であって、周りによって何かを決める方ではない。文総裁の聖和後の全ての措置は(天一国経典、天一国の歌、世界会長の人事、世界本部の移転、組織の改編等)全て韓総裁の決断によって行なって来たものである。

2.二人の金に対する憶測
(1)ピーステレビ社長
米本氏のブログに、ピーステレビの社長に多くの不正があると書かれているが、行き過ぎの発言である。金社長は、勉強熱心の研究家であり、映像やメディアに対する優れた才能があって、かつて文総裁からも能力を認められて来たのである。ご本人は、貧しい家庭の出であるが、多くの苦労の中で経済自立の能力を身に付けて来た方だ。奥様も教師として務めて来た方である。ご兄弟にも、経済力のある数人の祝福家庭もいる。幾ら、統一教会の方だとしても、本人の質素倹約と頑張り、或は親からの相続が少しでもあれば、50代半ばでアパート2軒と土地数百坪位は持つことのできるのである。それを、韓総裁の信頼される側近なので不正蓄財と見るのは憶測であり、あまりにも行き過ぎの見方である。

(2)秘書室長
次に、金秘書室長に対する、「誰との愛人関係云々・・・」のことである。金秘書室長は、学生時代から温厚な人柄、円満な人間関係、優れた渉外力もあって教会復興に抜群の能力を認められた。30歳で教区長に抜擢され、33歳で優秀指導者として選ばれて、アメリカUTS神学校で修学し、10年以上アメリカで教区長として活躍し、多くの米国会議員との繋がりもある。奥様は英語に堪能な日本人であり、数年前、文総裁のご指示で、韓国に戻り、旺盛なUPFの社会活動も、大学講壇にも立ち、現在は、圓母平愛財団の事務総長でもある。まだ、金秘書室長は誰より仲良しの夫婦であり、円満な家庭を持っている。文総裁ご夫妻は、人を見る優れた才能をお持ちであり、若手のリーダーとして、今は秘書室長という責任を与えられたのである。米本氏の金秘書室長に対する、「誰々との愛人関係云々・・・」は、あまりにも根拠なき虚位事実の流布であり、甚大な名誉毀損である。その吐きする記事を削除して頂きたい。

3.何でも書き散らして文と言えない。
幾ら、(韓国の状況を)日本語で書くと言っても、不確実な内容に書き主の勝てな想像を捲らせを行き過ぎの文を書きまくるのは、あまりにも酷い文よる暴力行為てあり、ある面はネット空間でのテロのようなものでもあろう。米本氏」には、"本当のジャーナルリストなのが”か疑問が募るのである。
 数人の元統一教会信者を名乗るブロガーたちの文は引用する価値もならない。悪意と怨みに満ちた、憶測、誹謗中傷一変度のブログ記事は、ブロガーが正常な人なのか、家庭はきちんと持っているのかが気になる。まるで、文章という刀の振り回しのようである。言葉も、文章も良いこととを喋り書いた時に、本人にもいいことが回ってくるのである。批判力の強い人は、その人の健康が悪くなりやすい。

4.極少数の不正を全員が悪いという判断
前世界会長の映像説教は、そのままは受け入れられない多くの問題がある。過去ある、最高幹部の不正、5か所からの給料執りは問題もあったであろう。しかし、その方は、過去文総裁から絶大な信頼があり、本人の謙虚さと能力もあり、ある時は22団体の肩書きを持った時もあったと言われる。統一教会の幹部たちが、どれほど激務で苦労して来たかを、御子息の方たちが深く分からない。

5.お金で買収云々
世界会長は、幹部数人がお金で買収しようとしたと述べる。一言で、あり得ないことである。韓国の教団本部にそんなお金がある筈がない。特に、韓国の財団こそ「透明なお金使いに4男が整備してきたのである。

6.事実ではない記事は書いてはいけない。
統一教会を装った統一ブロガーたちの根拠なき、裁きの記事は削除すべきである。下の聖句でも吟味して頂きたい。沈黙する多くの統一信者たちの静かな怒りが募るのである。憎むことも怨むこともしたくないが、念が募るのである。否定は否定の波動を生み、それは発した人に帰るのが自然の順理である。

「人をさばくな。
自分がさばかれないためである。
あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、
あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量りが与えられるであろう。」

(マタイによる福音7.1-2)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2015/02/25 19:45 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)

あなたは神の子です、神の子は和平をもたらします。

マタイ伝 5章9節に、「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう」とあります。平和、和平をつくって一つにできる人が、神様の息子になるというのです。

真の父母様の教えの根本は、心身を一つにさせる道、夫婦が一つになる道、自然万物を真に愛する道、世界平和を成す道などを教えて逝かれました。

私たちの心の中に、愛と平和と喜びが満ち溢れれば、全てを赦し、愛し、寛大さを発揮できるようになるのです。

私たちは、神の子であります。分裂があるところに和解を、争うがあるところに和平をもたらしたいのが我らの本心の願いでしょう。

この文章に目を留めてくださる、貴方が神の愛と平和と理想とパワーに満ちますように祈ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

[タグ未指定]
[ 2015/02/22 20:14 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。