韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

落ち葉を踏みながら、春の日差しに恵まれる!

今朝は、代々木公園にのある大きな木の前に立った。
足元には、秋の落ち葉が転がるが、背中を暖めるのは、春のような日差し!

あー!何という暖かさ!これこそ、神の人間を限りなく愛の温もりではないか?

aki

季節の変化で、木の色は変わっても、太陽はいつも同じその太陽である。
春の太陽と、秋の太陽が違うはずがない。
太陽の温度は、少しずつ下がっていくというが、人間が感じるにはそう変わらない。
言わば、唯一・不変である。

人が、神を見せてくださいと祈れば、神様は光で現れるとよく言う。

そうか!日差しは神様の愛なんだ!
我が永遠の父、文鮮明師は日が照らさない一人部屋監獄で過された。
故に、あんまりにも日差しが懐かしくて、南米のパンタナルで
皮膚が焼けるほどの日差しを受けながら、開拓の道を行かれたかも知れない。

韓国では、監獄から釈放される時は、朝早くか、日暮れの後と言われる。
眩しい太陽に、視力を失う可能性があるからだ。

神の愛は、空気の肌触りでも感じることができる。

最近、瞑想、ユガ、座禅が流行である。そのポイントは呼吸にある。
宇宙・大自然の空気の流れに、自分の呼吸を乗せるこどだ。
宇宙の流れに自分が乗るので、自分が宇宙と一体になることを感じ、
そこから、自分以外の力も頂けるようになる。

日差しと空気を神のメッセージ、愛として感じながら、
過していけば、現代生活をより豊かにして行けるだろう!


今日も、この国の多くの人々が無限の大宇宙の生命力、
春の日差しような、暖かい神の愛を実感する一日になりますよう祈るのである。

                                    -成城教会長拝-



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/10/31 10:24 ] 私の随想録 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。