韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「霊性の血」

去る、2月21日(旧暦1月8日)韓国のソウル市龍山区で「統一教世界本部教会奉献式」が行われた。文鮮明師の7男、文亨進世界会長の本格的なデビューの場でもあった。韓国の言論は、後継構図云々と報道した。我々統一信者は、文鮮明師ご夫妻を心から尊敬している。そして、イエス様の身代わりとして人類救済の御業を成しておられると信じ、従っている。

多くの先生の多くの子女方達がおられるが、特に、7男の世界会長はもっとも尊敬される。朝2時から起きて、厳しい修行の道を歩まれる。座禅・瞑想、ゴミ拾い、トイレ掃除、ジョークも上手い、英語・韓国語・中国語・日本語などを不便なく使われる。

以前、先生の近くのある幹部に聞いた。
「7男は、親(先生)の蕩減復帰の大変な傷跡を一番少なく受けている方だ」。なろほど!
人間は心に恨み(怨み)を持つと、それが心の限界を定めてしまうのである。
宗教指導者の根本は、限りない愛と赦しの心である。特に、文鮮明師はイエス様以上の愛と赦しの道を歩んでこられた。その精神的な面を相続されるのは、ある面不可能なも知れない。しかし、7男の文亨進世界会長はその精神的な面を良くも譲り受けられ、謙虚に歩まれる。韓国の多くの仏教指導者、カトリックの神父の方との交流も持っておられる。インタービューした記者たちが、その暖かさと人格に感動されるそうだ

文鮮明師の霊性の血(心情の血)を一番濃く表しておられる方が、正に文亨進世界会長である。

                                     -成城教会長 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/02/27 10:09 ] 私の随想録 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。