韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文善進世界会長の就任の辞(日本語訳)

「文善進世界会長の就任の辞」
 2015.3.13. (天3.1.23)

愛する真の父母様、尊敬なる元老食口そして愛する食口の皆様
天の父母様と真の父母様を中心に行われるこの就任式に参加してくださった方々に、心より感謝申し上げます。3月6日に真のお母様は私を世界平和統一家庭連合世界会長に任命されました。また同日、真のお母様は多くの素晴らしい食口の方々に功労賞を授与しながら任命されたりもしました。この方々の素晴らしかった路程およびこれからの路程にお祝いの言葉を申し上げます。

真のお母様のご指示を私がどう受け取っているのか気になるでしょう。私は慎み深い気持ちと同時に、様々な考えと感情が渦巻いています。様々な面から見ても私は足らないがゆえ、真の父母様にとても申し訳ない気持ちです。真のお父様の聖和以降、真の家庭が団結し、最も辛い時期におられた真のお母様を愛しサポートできるようにと常に願い祈ってきました。真の父母様の天一国の理想を成すために活動し、皆が一家族となってこの夢を実現するまでは、絶対放棄できません。真の父母様の心情を解放するには、真の家庭と祝福中心家庭が天の父母様と真の父母様を中心に、一つにならなければなりません。
私は真のお母様を最善を尽くして支えていくつもりですが、天一国を実現し、真のお母様を愛し真のお父様を敬うことは、世界的な家族である皆様の支えが必要になってきます。

私が絶対忘れられないことは、ヘリ墜落事故以降、真の家庭全体が病院に集まった時でした。真のお父様は大きな事故に遭ったにもかかわらず、お父様の唯一の心配は真のお母様でした。真のお母様が手術室にいるということを聞き、真のお父様は真の子女全員の手をとり、真のお母様を中心としていかなければならないと言われました。霊界におられる真のお父様は、真のお母様を中心として、真の家庭が孝子孝女として一つになるよう懇切に願っておられると思います。

天国は独りで行くところではなく、家族と共に行くところだと原理で教えています。地上生活の唯一なる価値は愛し、愛して永遠に愛すること、皆様が私と共に同じ気持ちで愛していかれるよう望んでいます。天の父母様と真の父母様に侍り、孝子の道理を尽くされた元老および先輩祝福家庭の方々に、心より深く感謝申し上げます。皆様の知恵とご指導を受けながら、皆様の献身と愛と偽りのない生涯を記憶しておきたいです。全世界に散らばっている素晴らしい食口の方々とお会いするたび、純粋な献身と人類に向けた苦労にはいつも感動、感激します。しかし何よりも、今日ここで皆様の前に立っている私は、真のお母様に対する感謝と尊敬の心でいっぱいです。

皆様もお分かりのごとく、私を世界会長に任命された真のお母様は、そう簡単にご決断されたのではありません。この決断を下されるまで、真のお母様は何日、何週間、何ヶ月も祈祷と精誠を捧げられました。真のお母様は人事異動を簡単に決めたりはなさりません、世界会長ともなると特に慎重になります。真のお母様は、真の子女に対する時でも個人的、横的な感情やひいきに焦点を合わせたりは絶対されません。

真のお母様は正午定着の人生で天の父母様に侍りながら一生を暮らしてこられました。深海の神秘のように計り知れない深い人生において、真のお母様は天の父母様のみ旨に集中してこられました。真のお母様が生きて息を吸う唯一の理由は、堕落した人類を救い、神様の独り娘の義務を完遂することでした。

真のお母様がお生まれになった瞬間からご聖婚まで、そして公的に献身された52年間もの苦労の路程は、全世界70億の人類を救援し、真の父母の顕現を宣布し、天の父母様のもと一家族の歩みのためでした。神様の摂理を主導することができる真のお母様の全権限が、真のお父様と完全に同じであるゆえ、真のお母様の御前に敬意を表し敬拝をお捧げ致します。

この重要な時期に、世界会長の座には真のお母様と完全に一つになれる人が立たなければならないと存じており、私では足らない者であるとも存じております。しかし、私たちは天のみ旨が完成させれるよう願っており、私は真の父母様を尊敬しお仕えするつもりです。皆様全員が私の家族であり、元老であり、師匠であり、教会とその驚くべき歴史の柱であられます。皆様の中には、真の父母様に侍り数十年を来られた方がいらっしゃることも知っています。皆様にも敬拝をお捧げ致します。

畏れ多いこの責任を持ちながら、二つの約束を致します。
一つ目は、真のお母様に侍りお仕えするのに最善を尽くします。
二つ目は、皆様が受け持っておられる責任分野において励まし支えていくのに最善を尽くします。
これと同時に皆様からも学び、私の先輩、私の先生、私の兄弟姉妹として、神様の下一家族を皆で共に築いていきたいです。

私は惜しみなく励まし支えていくつもりです。また私も皆様からの励ましと支えが必要です。私たち全員が共に全世界70億の人類に真の父母様のビジョンと教えを広めましょう。また、続けて私たちの集まりを呼び起こし復興させ、私たちが言う真の愛の理想が息づく共同体、為に生きることを世界中が知るようになる共同体、真の父母様から始まる喜び、愛、暖かさ、人品、美徳、思いやりそして知恵があふれる共同体を築いていくことを努めていかなければなりません。

人類の共通した愛、生命、血統の始まりは、天の父母様です。宗教は数千年間、天の父母様について素晴らしい言葉で語ってきましたが、天の父母様の心中の秘密を真の父母様が明らかにしたことを私たちは知っており、創造当初の希望の心情、堕落する時の絶望、そして復帰摂理歴史を主導してこられた父母の心情、また、天の父母様の実体なる顕現、完成した男性と女性、夫と妻、夫婦の顕現も真の父母様を通して理解し直接経験できます。多くの宗教は神様と人間との関係を夫と妻の関係にたとえています。

真の父母様を通して、私たちは天の父母様の二性性相の実体的顕現を見ることができます。真の父母様は52年間地上で共にされました。真の父母様は何にも替えられない、切っても切れない永遠なる真の父母様です。私たちは原理を通して学んだように、摂理歴史の主な目的は真の父母であり、男性と女性は天の父母様に完全に似てそれを体現しなければなりません。これは、アダムとエバが創造されたときの天の父母様の願いでもありました。イエス様に至るまでの摂理歴史は、真の父母の顕現に向け数千年間続けられてきました。イエス様も真の父母の理想を完遂する使命を持ち、地上を歩まれ、弟子たちに教えていきました。しかし「子羊の宴」は完遂ならず、比喩または象徴として残りました。

天の摂理は延長されましたが絶対に放棄はできなかったため、キリスト教を中心とした天の父母様の摂理は、ローマ、イギリス、アメリカなどの巨大文明を誕生させました。これと同時に天の父母様は、真のお父様と真のお母様の誕生に向け、極東に位置する朝鮮に準備されました。( hermit kingdom:隠者王国/1636~1876年頃の李氏朝鮮につけられた名前)真のお母様は天の娘としてお生まれになり、大母様の個人の娘でなくメシヤの新婦になるお方として育てられました。真のお母様の一生は、天から直接、指導と保護を受けました。北朝鮮に生まれた真のお母様は、神様の摂理を阻止しようとしていた共産圏からやっとの思いで逃れました。

イエス様がヘロデ王から逃れたように、共産主義が北朝鮮の市民を無神論という誤った道に導いていたのを目の前にし、真のお母様と大母様は南朝鮮に逃れ、南朝鮮の軍隊に入隊していた叔父に会いに行きました。その叔父は朝鮮戦争の間、真のお母様と大母様を保護しました。幼かった真のお母様は、天の導きと保護と教育を受けました。天の父母様が真のお母様を育てられ、真のお父様と共に人類歴史の目的に完遂できるよう導かれてきたのは、本当に奇跡で素晴らしいことです。

真のお父様と真のお母様は半世紀の間、心情と目的の一体化をなされました。真のお母様がご自身の責任分担を完成できていなかったならば、天の父母様も真のお父様も真の父母の摂理を完遂することはできませんでした。天が育てた真のお父様と真のお母様は、お二人とも責任分担を全うされたゆえに真の父母になられたのです。

私たち個々人は真の父母様のために今日この場に集いました。私たちの結婚、私たちの家族、神様の摂理に対する私たちの理解、私たちが人生で成した業績さえも全てが、真の父母様の人生と愛と献身ゆえに可能でした。私は真のお母様に負債があります。私が今日皆様の前に立つことができたのは、真のお母様の素晴らしい人生のおかげです。私たちは5パーセントの責任分担と三大祝福とビジョン2020、そして実体の天一国定着を完遂し、真の父母様に報いなければなりません。

したがって、私が世界会長という任務を思うほど、真のお母様に侍り真のお母様の心と体と考えに一体化しようという思いのみです。こうして、こういう基盤の上で、皆様個々人にひらめきや励ましや支えの素となるよう望んでいます。

私には真のお母様にお仕えできる名誉があります。真のお母様は多くの精誠を尽くし世界を開放し平等を成し、5パーセントの責任を果たせない人間の為にご自身の責任を完遂されるのを、毎日私は目にします。私たちが未だ果たせない責任を整理され完遂させるために、真のお母様が肉体の苦痛を耐えられるのを見れば、涙が流れてきます。

これは全世界の家族を抱き人類福祉に向け、一日一日を生きられる真のお母様の真の心情です。真のお母様はいつも許し、望まれ、十字架を背負われ、子女が全員救われるようにとドアを大きく開かれておられます。アボジ、オモニ、チェソンハムニダ(アボジ、オモニ、申し訳ありません)許しを受ける前に、自分たちの行動を償わなければなりません。そうしなければ本当の変化は起こりません。

私は毎日真の父母様に償い、自分自身の足らなさを認めます。私に資格が無いのを分かっています。しかし、真のお母様はいつも無条件で私を励まされ、信じて愛してくださります。これこそが、前に進む勇気を持てる理由です。真のお母様はこの愛と励ましを皆様と分かち合うようにと頼まれ、そうすれば私たちが天の父母様の下一家族を成し、真の父母様が勝利者となるのです。もし皆様が歩む路程の上で困難に遭遇すれば、真の父母様は皆様を無条件に愛し共にされるということを忘れないでください。父母の愛は絶対、不変、永遠です。天の父母様のみ前に全てを復帰し、蕩減し、還元しなければならない真の父母様の路程を想像してみて下さい。真の父母様が確保された神聖で完成された基盤の上で、私たちは感謝の気持ちを持ち、天の父母様の真の息子娘として立たなければなりません。

世界会長の任期の間、私はこの世の多くの人々が真の父母様を知り愛することができるよう、私たち統一家の基盤を世界に拡張しようと思います。これを成すために、私たち全員が成長し、真の父母、真の師匠、真の主人にならなければなりません。真の父母様のビジョンは、時間と空間を超越しどんな現実も乗り越え、真の愛、真の孝心、真の生命の道であり、70億の人類が天の父母様の懐に戻っていくことを切望する天の父母様の痛心を解放する唯一の方法です。

天の父母様と真の父母様は、私たちに無条件の愛と支援をしてくださり、そんな祝福の上に私たちはこの祝福された人生を全世界の兄弟姉妹と分かち合うことができます。この天宙的なる使命を持ち、皆様の前に立つ私自身は、共に活動できる目的と目標を次のように提示しようと思います。

まず最初に、活動の絶対的中心を持ち真の父母様を支えるようしましょう。真の父母様は根源であり、根源なくしてそこに生命はありません。真のお父様から真のお母様を離すことはできません。つまり真の父母を切り離すことはできません。真のお父様と真のお母様は、絶対的に永遠に一つです。

真のお母様を中心に進められている摂理に混乱している人々に、暖かい手を差し伸べましょう。たとえ肉体の真のお父様に侍ることができないとしても、真のお父様は永遠に真の愛、真の生命、真の血統で真のお母様と共にされます。この完成したお二人なくして、私たちは誰も生まれることはできませんでした。だから私たちは愛と信頼を持ち兄弟姉妹に接しましょう。誰かは活動の中心の根と幹に困惑していますが、根がなくして幹は存在しません、その根が真の父母様です。私たちが愛し為に生きることで根と幹はさらに強くなり、私たちの世界的活動の枝と葉に達することができます。

二番目に、神氏族メシヤの使命を完遂しましょう、私たちが出会う人々に真の父母様のビジョンを伝えましょう。今この時、私たちは起き上がり、ビジョン2020達成に賛同し、この地球にいる70億の人類全員を伝導しなければなりません。真の父母様と絶対的に一つになっている枝は、真のお母様がよく話された枝から根っこが出るバニヤンという木のようです。バニヤンの木は中心となる幹を持っていますが、それぞれの枝は下に降り全体を支える支えとなり、成長する木を更に強化させる第二、第三の幹を作っていきます。この生きている栄誉ある木を育てているのは土、母なる自然です。もし私たち統一家がこのようなバニヤンの木のようになるならば、まず生まれ変わり後天時代にふさわしい生活をしなければなりません。どんな責任を担ったとしても、仕え、愛し、教えることで私たちは友達、同僚、隣人、人脈、平和大使を通して430名のネットワークを構成できます。

三番目に、私たちは自分の責任分担があるということを覚えておくことです。私たちの周りの人々が縮こまったり、迷ったり、否定的なエネルギーを広めているときも、私たちは常に信仰の根、つまり天の父母様、真の父母様とみ言に戻らなければなりません。私たちの責任分担に集中し完遂することで、肯定的なエネルギーをを創りだしこの世を復帰できるのです。

四番目に、毎日訓読会を行う伝統を守っていきましょう。真のお母様は真の父母様の教えの本質から作られた三つの本、天聖経、平和経、そして最近刊行された真の父母経を準備するのにとても気を使われました。毎日のようにみ言を読めば、祝福中心家庭として私たちは信仰の根源、根と核心に繋がっていくようになります。私たちはこの木のようになって、必要なエネルギーと栄養を充分に採り、70億の人類に生命の酸素を供給しなければなりません。真の父母様のみ言は地球上の生命が可動する生命水、ピュアウォーターです。私たちの体の細胞の60から80パーセントは水分で、それは生命を支えるために粋な水でなければなりません。

五番目、人間世界だけが天の父母様の姿ではなく、森羅万象がそうであるのです。私たちは真の父母様の息子娘として、環境に最善を尽くし、愛し思いやる管理者とならなければなりません。地球は私たちの家であり私たちの庭園です。悲惨にも大地、空気、海の汚染を進行させていることで、地球が苦しみうめいています。兄弟姉妹だけでなく、物質界も真の愛で抱いていく真の愛の世界を築いていく時が来ました。私たちは、混乱、分裂、苦しみや戦争の世界から抜け出し、戦争でなく自然、つまり根源、真の根源に戻り、天の父母様、宇宙から来る多くの愛と天の恵みを受けなければなりません。

私たちは真のオリーブの木に接ぎ木され、天の父母様と真の父母様が私たちに準備してくださった新しい世界で暮らさなければなりません。これが真の愛、真の生命、真の血統の人生であり、天一国の真の父母、真の師匠、真の主人として受ける祝福です。この恵みは真の父母様の絶対的勝利が無ければ与えられません。それと同時に私たちが絶対的に真の父母様と一心、一体、一念を成せば享受できるのです。天の父母様の肉体が地球だと仮定すれば、海は天の父母様の循環系、いわゆるこの地球の血液となります。空気やオゾンなどの賜物を考えれば、それは天の父母様の肺となります。私たちが大地の上に立っているならば、天の父母様の体の骨と肉が私たちを支えているのです。太陽は新陳代謝を促し、燃料となる火であり、新たな生命を作り出します。私たちは天の父母様を敬うように、生きている全ての生命体と自然を尊重しなければなりません。

六番目、私たちの人格と心を成長させましょう。私たちは真の愛と真なる幸せを持つ男性、女性にならなければなりません。真のお母様は最近、楽しみ、幸せを感じ、平和を愛し、感謝する存在になるよう語られました。個性完成を成すにはこのような長点を育てるのが核心であると説明されました。私は真のお母様のみ言が好きです。俳句のようにほんの数個の単語で、成功の秘訣を教えてくれます。許し、愛し、団結せよという真のお母様のみ言は、個人、家庭、氏族、国家、世界の統一と救援の鍵となります。私たち統一家の根本なる精神は、真の愛で生き、同情の心で為に生きることです。真のお父様の最後の祈祷で、全てを成し遂げたと宣布されました。また真のお母様をお父様と同等に完成したと繰り返されました。

七番目、私たちの信仰を深めることが最も重要です。私たちそれぞれが学び、やることがたくさんあります。2015年基元節の行事で私たちは、ビジョン2020勝利に向けた大きな跳躍を果たし、今後の路程も集中していかなければなりません。このビジョンを築き上げれるように、私たち食口全員が共に動き支えていきましょう。天の父母様と真の父母様が私たちを導いてくださり、勝利できるよう無条件で愛し育ててくださっています。私たちが生きている限り、世界を変える力を持っています。この夢をかなえるために、私たちの献身と努力を誓いましょう。

結論に入れば、私は摂理を発展させるために、天の父母様と真の父母様と皆様に、最善を尽くしていくことを誓います。世界会長は真の父母様の僕の立場にいることを承知しており、そこには特別な待遇は無いということも存じています。私の根源、私の中心は、真の父母様抜きでは誰でもありません。美しいバニヤンの木のように、真の父母様を誇れる名門家に成れるよう皆様と一つになるよう努めていきます。
私には責任分担があり、最善を尽くしていき、私は足りない者だということを常に肝に銘じ、真の家庭と皆様と一つになるまで寝ることも惜しんでいくつもりです。世界会長の任期の間、皆様のご指導と激励と信頼が支えとなります。

今日ここに集った貴い祝福家庭そして世界中に天の父母様の祝福が共にありますようにお祈りいたします。ありがとうございます。そして、愛しています。アロハ、ナマステ

<※この就任の辞は、2015年3月21日現在、ピーステレビに掲載されている、文善進世界会長の就任の辞の正式な文章です。前の拙い翻訳文を読んでくださった方に、感謝申し上げます。この素晴らしい就任の辞から、静かな感動がありますように祈ります。韓日統一拝>


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/03/17 00:43 ] 統一運動 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。