韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統一教会責任者としての反省

文鮮明師は、統一教会は「ユダヤ教⇒キリスト教⇒統一教」の脈を継ぐと教えてくだった。統一教会は、すべての宗教と主義・理念を統一し、平和世界を建設するために現れた宗教である。本来、祝福はお坊さん以上、神父以上の基準で授からなければならないとも言われた。即ち、仏教的修行、カトリックの聖職者の修行を基準の上で祝福を受けてこそ、祝福の価値を輝かせるようになっている。

1.統一信仰の現状
しかし、我が統一教会は「再臨メシヤの時の摂理」に合わせるために、基本的な万物主管と自らの人格修養と人への尽し方等の訓練が非常に足りなかった。そういう中で、今は、家庭の経済事情、2世教育、健康問題等を抱えている。原理とみ言は頭に沢山入っているが、実践が乏しく現実は伴わなく真理が身についていないのが、我らの現状である。

2.仏教からの学び
11年前、長野県にいた時に仏教のある住職の奥様が繋がれ、その方から聞いた。その宗派では、「位のたかいお坊さんでこそ、一番汚いどころを掃除する」と言われた。まだ、住職になるために「料理訓練を徹底に受ける」とも言われた。我が統一教団は、大体、下のレベルから汚いところを掃除し、食事は婦人が作ってくださる場合が多い。私は、統一教会ではこれが足りないと思った。

3.率先して掃除から
以前からも心かけて来たことだが、その話しを聞いた後からは、できれば「責任者」と言う意識を捨て、率先して掃除をやって来た。教会では機会があれば、料理も直接作った。責任者が朝から、這いながら掃除をし、料理まで作って出すと、親のような愛を感じるようにある。「親は何だろう?」と思った時に、それは、身を低めて環境を整い、限りなくメンバーをために尽くすことである。神の愛と、真の父母の愛が私たちを通して現れないといけないが、中々それが難しいことである。

4.愛は環境主管から
地位の高下を考えず、人に指示する前に、自分が先にやることは良き雰囲気を作る。環境を愛することは、その環境を主管する秘訣であると実感が湧いて来るようになる。統一原理に、「物質もやはり、知情意に共鳴できる要素をもっている(講論P60)」とあるが、万物・環境を愛することを通して万物から愛が湧いて来るのである。万物環境を愛することは、即ち、人をするところに繋がる。スッキリした環境、身軽く動ける体から、善の意欲が起こるのである。そこで、み言を読みたくなる、精誠を尽くしたくなる、み旨を広げたくなるものである。

5.日常の歩みの中で
毎日、道を歩きながら空き缶とが、ゴミを「さっと!」拾う。伝道の任地に行ったら、一周してゴミを拾う。ゴミを拾えば、捨ててくれる人に感謝したくなる。捨ててくれた人がいなければ、ゴミ拾いもできないからだ。そういう面で、少々環境を汚す人は、私に善行のチャンスを作ってくれる人なのだ。

人生の目的は愛と喜びをえるところにある。真の愛と喜びは、受ける愛よりは授ける愛から生ずるのである。私たちが、毎日接する環境を愛し、人に何かのいいことを施し、宇宙を浄化させて行き、良き思いと言葉で身を満たし、人のために多くの祝福の祈りを捧げることができれば、その人は最高の幸せな人である。このブログを読んでくださる方に、幸せが訪れますよう祈る。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/09/30 23:07 ] 私の随想録 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。