韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人を愛する、念の力、自然を愛する、心の成長、最高の喜び!

《09年4月11日》
お早うございます。今朝は人を愛する事に対して考えて見たいと思います。先ず、人を愛する前に’私自身を愛しているのか’を見つめるのがいいと思います。毎日、心に決めたことをきちんと行っているのか、自らをどれくらい評価できるのか、私の密かな喜びはどれくらいあるのか、私によって環境が汚れているか輝いているのか。満足はできないと思いますが、自分に対する評価が高かった時に、人を愛せる余裕がその分、出てくると思います。自分にどれくらい満足しているのかが人を愛し、伸ばし、引き上げることのできる重要なポイントではないでしょうか。今日も、朝から内なる声に耳を傾き、心が喜ぶことを果敢に実行してみましょう!そういう貴方は神の愛にいます者でありましょう。 -成城統一教会長拝-

《09年4月12日-念の力》
お早うございます。4月12日を迎えました。今朝は、「念の力」というので考えてみます。統一原理では、神様の天地創造の動機は心情にあると言われています。神の心情の中には、絶対性・真の愛・ロゴス・原理・二性性相・善・美等が入っていました。故に、人間が小さな事から歴史的な事までを成していくためには、精神を統一し一念で天も感動する段階まで行った時に、願いを成す事ができました。今、私達にはそれぞれの願いや願望があります。それを成すためには、一念で、何らかの結果が実る時まで、辛抱強く投入し続けていきましょう。その思いが物理的力になる位まで、念の投入、祈りがあれば、相手の心が変わり、環境も徐々に変わっていくでしょう。その念を放せば、願った事も遠ざかってしまいます。一路邁進を祈ります。 ‐成城統一教会長拝‐

《09年4月13日》
お早うございます。4月13日を迎えました。満開だったの桜の花も散って、青い葉っぱで色替えをしています。自然は美と生命力と憩いの場を人間に提供してくれます。人間は堕落によって、霊的五管がふさがって、自然の音を聞くことに鈍くなりました。本然の人間に戻るためには、霊・肉的感性を鋭く磨かなければなりません。風の音、木が育つ音、鳥の囁く声、平和な心の声、こういうのが聞ければ、人間の心の中は常に音楽が流れていることと同じでしょう!今日も自然の囁きに耳を傾き、本然の愛と美と悟りを回りの人々に伝えていく、1日になりますように祈ります。‐成城統一教会長拝‐

《09年4月14日》
お早うございます。4月14日を迎えました。統一原理では、神様の創造の動機は心情(喜ばせたくて仕方がない衝動)にあると言われています。知情意の根底にあるのが、心情です。人・神様・TPを喜ばせたい心情、人・万物・神の悲しさや苦痛を感じる心情を所有するのはとっても重要なことであります。自らの心情を如何に誘発させることができるかが問題です。真理のみ言を熱心に読み、愛を実践することによって、心情は育ちます。そこから知情意(真善美)に対する意欲が湧いて来るようになります。真理のみ言による心情啓発は我々の歩みの原動力であります。今日も天からより大きな力を賜りますよう祈ります。‐成城統一教会長拝‐

《09年4月15日》
お早うございます。4月15日を迎えました。今朝は、親生命創造の原動力で考えてみます。文鮮明先生の自叙伝の中で、「宇宙創造の秘密を究明するや、私の心は海のように平穏になりました。神のみ言に満ちた私の心は張り裂けそうだったし、輝きの喜びが離れませんでした。」とあります。人生最大の喜びは、真理を知り、それを人々に伝えて、諭しを与えるところにあると思います。故に、今も多くの人々が、肉身の享楽を捨てて、悟りの道を訪ね求めているのです。我々に真理に出会った喜び愛を増やし、生活の中で自然体として、広げていきましょう。我々は皆、悟りの道を行くよう祖先の願いが託され、神から召された群れであるからです。今日も、真理と愛と生命の道を歩めますようにと祈ります! ‐成城統一教会長拝‐



ランキング参加中1
  One Click!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/04/16 22:29 ] 今日のメッセージ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。