韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統一教会の北朝鮮観!

常に、このブログを読んで下さる方々に感謝を捧ぐ。

最近、米クリントンン元大統領が北朝鮮を電撃的に訪問し、
金正一と3時間に及ぶ会談をし、抑留された、韓国系・中国系の米記者を釈放させ、
同じ便でつれて帰り、カリフォーニア州の空港に凱旋した。
世界を驚かせた、米の力と北朝鮮の急変であった。

さて、日本の国と公安の中枢部では、
「日本統一教会は日本を損ねる団体!」、
「統一教会の献金が北に流れて、ミサイルや核開発を助けるんじゃないか?」という
認識をもっているようである。

しかし、それは一言で「無知の至り」である。
文先生自ら、90年にソ連に入られ、ソ連の状況を把握していますし、
その後統一グループでは多くの教授を旧ソ連に送った。
筆者は大学4年在学中、原理研究会指導教授が、ソ連に訪問してこられ、
社会主義経済体制に対して、如実に報告してく下さった。
筆者も99年、北朝鮮に訪れる機会があって実感したことがあった。

共産主義体制は私有財産、個人の所有権を認めない中央統制経済システムである。
故に、生産意欲を高めるのが難しい。勤務時間にただ、働けばいいのである。

一時、統一グループの対北事業を担当された、朴普熙総裁の発言によれば、
文先生は、「共産国にはお金を上げてはならない。技術と資本主義経済を移植してあげる。
資本主義の市場経済体制を移植する。宗教を受け入れてもらう。言論の自由を認めてもらう。
若者の人材育成のため、米国に連れてきて教育させる等」
の案をもっておられ、その方向に進めてこられた。

一言で、「閉鎖社会の開放と武力の放棄、資本主義の受容!」である。
こういう、北朝鮮の共産主義政治・社会主義経済の特性をよく理解できてなかった現代グループは、多くの損失を出し、最近は関係が悪化されているのである。
’敵を知って己を知れば百戦百勝である’という、孫子兵法が思い出される。

統一グループの北朝鮮開放は慎重である。6年前進出した「平和自動車」は、
今年5月に初めての、営業利益、50万ドルが南に送金された。

日本社会の幅広い見方による、統一グループへの理解を願うのである。
                                 -成城教会長拝-

ランキング参加中!One Click!

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/08/07 14:30 ] 統一運動 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。