韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

経営者-文国進理事長!

7月号、韓国のCEO専門誌の「President」に掲載された記事のまとめである。
下のハングル記事があるが、簡単に訳する。

「文鮮明先生の4男である、文国進理事長は今年満39歳で、ハバード大学経済学科卒業した。24歳の1993年、’KAHR’という銃器製作社を設立し、現在黒字規模、約100億円位まで発展させた。10代頃から銃の設計を趣味でやってきた。文理事長は拳銃、’KAHR-MK40’を設計する等、アメリカで6つの特許をもっている。2003年、この会社が開発した拳銃は、世界で一番小さい拳銃として、アメリカ警察に供給され、話題にもなったのである。 文理事長は大学を卒業して、資金を借りて銃器製作を始めたが、一日600通の電話かけをする等、セールスに全力投入したそうだ。給料は一切とらず、アメリカの会社からもらうそうである」。

韓国統一グループは、この文国進理事長によって、2005年まで32系列社を15社に減らし、
赤字経営から、黒字経営に転換できたのだ。この若手経営者に韓国CEO社会は関心が高い」。

この時代の乗り越えるためには、果敢な決断、創造性、深い霊性がとっても必要ではなかろうか。
                                -成城教会長拝-


ww
tt

ランキング参加中!One Click!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/08/08 00:40 ] 統一運動 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。