韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第64回終戦記念日に!

今日は日本で、第64回終戦記念日である。

先ず、戦争でなくなられた300万人以上の犠牲者の方々の霊前にご冥福を祈る。
特に、いつも取り上げられている、特攻隊の番組は、見る人の胸をぬらす内容である。
日本側からの攻撃だったとはいえ、より多くの犠牲者を出したのは、日本であった。
6日、9日の広島、長崎原爆投下のことで、多くの報道がなされた。
被害、負けた側の内容が多い。

筆者自身、韓国人として日本の悲しみも随分理解しているが、
「敗戦、被害」という観点でのことが多いようだが、
被支配国の立場での日本は、「殖民支配、侵略国、多くの被害を与えた国」という観点で
見るしかない面もある。自虐史観ということで、「恥の歴史は当たらず触らず」かも知れませんが、隣国では「日本の恥の歴史」があんまりにも多い。

しかし、時代は短くない64年も過ぎた。張本人たちは殆どこの世にいない。
日本の犠牲者、アメリカの犠牲者、韓・中・台・他アジア諸国の若き犠牲者達の霊前に
頭を垂れ、永遠の冥福を祈るのである!
                                 -成城教会長拝-


ランキンング参加中!
  Onw Click!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/08/15 09:30 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。