韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

感性を高めよう!

感性経営という言葉がある。
(感性:外界の刺激に応じて感覚・知覚を生ずる感覚器官の感受性)

他に勘(第六感)という言葉もある。

感性が豊かになれば、勘が鋭くなるとも言えるだろう。

感性の豊かな人になるためには、先ず、親から沢山愛されないといけない。

愛情を受けてない人は、感性が生かされてない場合が多い。

自信感ややる気も、たっぶり愛され、褒められた人こそが持つことができるものである。

しかし、我々の周りには、愛と認めに飢えられている人が多い!

出来てる人だけ選んで使えば良いかも知れないが、

人を巡る因縁はそうなっていない。助けて、育ててあげないといけない人もいる。

ここで人間経営という言葉も出てくるのであろう。


そこに、人を察し、心を見抜くことのできる感性が必要になる。

感性は、関心がある所から生まれてくるものである。

関心の根は愛にある。

愛は他者への愛なので、自己の欲を乗り越えてこそ、出てくるのである。

故に、長の立場の人は、自己主管・自己の欲望のコントロールを厳しくできなければならない。

結局、すべての勝敗は自己欲(冨・権力・名誉)掛かっているではないか。

禅宗は座禅で自律を育てると言う。

何でもいい。「自分の肌を洗うようにトイレ掃除をし、道のゴミを拾う。

肉体の限界を越えるため運動をする。心を治めるため座禅を組む。

心の修養になる経典を近くする。近隣のお寺の法要に行き手を合わせてみる」。


長は常に、より高い所に理想を置き、絶えず、そこに向かうべきである。

そして、構成員皆をより、引き伸ばしてあげるべきであろう。

私の愛がより大きくなる所から感性は高まるものである。

                                  -成城教会長 許漢亮拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/09/09 08:57 ] 一言の提言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。