韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

50年の神わざ!

文鮮明師は、身だしなみをスッキリするように指導される。
男性は髪の毛を額が見えるように短く、女性もできれば耳が見えるようにと。
ある時は、爪を切るようにと言われる時もあるそうだ。

昨日は、T信者さんのお父さんが経営している、床屋に行った。
今年、50年も超えている。普通ならバリカンで刈り上げるが、殆ど鋏で切ってくださった。
それもそうですのが、50年の技を簡単にバリカンで切ってしまうのはもったいない。
細かく、優しく、配慮深く下から徐々に刈り上げながら、全体バランスを取ってくださる。

洗う時もとっても優しくしてくださる。
「あ!一つの職を50年も続けるとこんなに優しくなるのだな!」と思わされる。
鏡も2回も後ろに当ててくださる。

今まで33年以上の床屋通いで、最高の神技と思わざるを得なかった。
髪の毛一本一本に、50年の神技が入ってると思うと、神様が頭を囲んでいる気がする。

最後に、少し値引き!これもお互いに気持ち良いそうだ。
70歳も超えているので、午後5時までは終わるが、50年の神技にふれて見たい方は、
是非一度行かれたら、スッキリさ以外のものも得られるであろう!
(世田谷線松原駅、シルバーマンション1階)
                                -成城教会長 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/02/05 07:22 ] 私の随想録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。