韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統一教会信者たちは何をやっているのか?

今年も、あと数日が残った。
筆者自身、韓国人であるが、23日の天皇陛下のご誕生を心からお祝い申し上げる。文鮮明師(天地人真の父母様)は、かつで日本に来られた時に、明治神宮に聖地を決めてくださった。日本の天皇家を重んじる印である。「その国の歴史と伝統を重んじよ!」これが、文鮮明師の深い教えである。

日本社会では、我が統一教会信者たちは、国を売る団体、国益に損なう団体として見ている。一言で、偏り過ぎの認識である。私は、韓国人でありながら、「125代まで天皇の方々の名前も数百回も唱えた」。今、日本社会は自信感を失っている。民族・国家の良き誇りと伝統まで失って、正体性も喪失して、西洋・東洋のあらゆる文化に混ざり、雑多な文化の中でいながら、いまだにも、かつで東洋社会を支配した日本だと思っている国民が多い。(特に70代以上の方が多い、筆者は多くの県で家庭訪問しながら、布教活動する中で得た認識である)

井戸の深さと広さがわからない、蛙の存在になっている。小さなカエル(表現が失礼かも知れませんが)の周りには、巨大な龍(中国)や力強い馬(韓国)、怖い虎(ロシア)などが取り囲んでいる。

「このままの日本は周りにやられて、無くなってしまうのではないか?」と言われる良識ある国民が多い。日本は一度も国を失った歴史がない。ゆえに、国の恩が分からない。政治家が決断を下せない。大のため、小を犠牲させることができない。こういう国は、どんどん国力が弱まって行く。主人であるべく、国民に主人意識がなければ、その国は、他国に狙われ、いつかは奪い取られてしまう。恐ろしい、暗い未来が日本を待っているかも知れない。

文鮮明師以上、日本を愛する方はおられない。日本は母なる国として、世界の国を母の優しい愛で包むべき使命があると語った。日本には、和の精神がある。親切さもある。技術の徹底さがある。基本に徹する職人の技がある。こういうのは、日本だけが持っている、良さである。こういう所に、日本人は誇りを高く持たなければならない。そして、民族の良き伝統文化をより守り、花咲かせて行かねばならない。過去の対アジア関係の歴史に対して、正しい認識が必要である。(この件に対しては、日本人なら韓国、台湾位に行ってみる必要がある。今、日本の学校では近代史は深く教えていない)

我々はこういう、日本を愛する心で、歴史と文化を尊重し(巡礼)、祖先を愛し(先祖供養)、国際社会で日本の良さを広げ(海外宣教、国際家庭)、社会の基礎段位である、家庭再建と通した、日本再生の道を歩んでいる。もう一つは、日本を守るためのアメリカや韓国と国際的連携活動を強めている。しかし、今だ、日本社会では統一教会狩りが行われている。(今年、一年間9名が拉致された)

統一教会人たちこそ、日本を真に愛し、日本の針路が明確に分かっている真なる日本人たちであると謙虚に主張したい。

統一教会信者たちは何をやっているのか?
①日本の発展と繁栄のために、神様に祈っている
②家を綺麗にし、町の清潔に、自然を愛する活動に心かけている
③文鮮明師の教えの勉強と理念の実践、諸宗教・思想との和合に心かけている
④睦ましい夫婦、和睦な家庭を築くため努めている
⑤歴史と祖先、伝統文化を尊重する子育てに心かけている
⑥どの組織に入っても、より為になる存在になるために努めている
⑦真に国と世界と人類を愛する心で、倹約しながら寄付もしている




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/12/25 17:03 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。