韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私の東京伝道記

最近、任地の家庭訪問、自叙伝宣教活動に臨む日々である。

「統一教会の韓国人宣教師、○○○と申します」

「平和を愛する世界人としてという文鮮明先生の自叙伝を普及しておりますが、

是非、受け取ってお読み頂きたいです」とかけながら・・・。

地方では、ドアを開けて出て来てくださる方が多いが、東京の住宅街では、

大体、インターポンでの応対が多い。

聞こえてくる声の質で、受け取ってくださるかどうかが分かる。

断り方もとっても丁寧である。当然、親切に挨拶して下がる。

その中には、優しく受け取ってくださる方もおられる。何と言う感謝な方なのか・・・

しかし、未だ厳しい目で見ている方が多い。

「何で統一教会が我が家に来て布教をするんだ!さっさと帰れ!」と言われるような気がする。

しかし、人の中には「寒い中でこられたのに、申し訳ありませんね。是非、頑張ってください」という励ましの一言をくださる。心から感謝とお礼の気持ちが沸いて来る。

肯定よりは、否定が多い。そういう時こそ、腹に力を入れる。

心の中に、栄光の聖戦の聖歌が、聞こえてくる。

「一人立ちても猶、強し・・」

今日も自叙伝を持って、一軒一軒に向かって行く。統一教会人の笑顔と真実を伝えるために!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/01/20 10:33 ] 私の随想録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。