プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人、日本生活20年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。世界平和統一家庭連合の諸活動を伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。読んでくださる方々に感謝申し上げます。

PCメール: hhyju888@gmail.com

最新コメント
Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇佐美さんは、拉致監禁の最大の被害者!

2011/02/11 10:43:09 | 思いが止まるところ | コメント:0件

「統一教会信者のストーカー行為」として、宇佐美さんは逮捕されているが、
彼は、以前の合同結婚に参加した、婚約者も拉致監禁されて、分かれざるを得なかった。

今回の07年合同結婚に参加した婚約者Kさんも、
08年から拉致監禁されて、強制改宗教育を受けて、
1年後に会ったら「かなり変わっていた」と言われる。

しかし、脱会書や結婚破棄書が、本人の意思確認ができない中で、
一方的に伝わったことで、諦められなかったことである。

「ストーカー行為」に対しては、法律のはかりが適応されるだろうが、新聞報道の「転居!」という表現のように、宇佐美さんは婚約者の「拉致監禁場所」を探したのである。

結局、宇佐美さんは、以前の婚約者も拉致監禁で失われ、
2回目の婚約者Kさんも拉致監禁で婚約が破棄され、Kさん本人は一生の傷を受け親子の絆も壊れ、
宇佐美さんは、「統一教会信者=ストーカー」というレッテルが付いてしまった。

ここで、得した(特に経済的)側だは誰なのか?
左翼弁護士・脱会屋、報道に熱を上げ視聴率があがったメディアである。

宇佐美さんも、婚約者Kさんも、Kさんの家族も精神的被害者である。

日本国民は、こういう社会世論の裏を良く見つめるべきである。
こういうのが読めないと愚かな国民になる。

この国は真に国民を守る国なのか?
メディアは何のために存在するだろうか?
問いたくなる、日本国建国記念日の朝である。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。