プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人、日本生活20年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。世界平和統一家庭連合の諸活動を伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。読んでくださる方々に感謝申し上げます。

PCメール: hhyju888@gmail.com

最新コメント
Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の東京!

2011/02/28 09:53:41 | 私の随想録 | コメント:0件

雨の中の東京、満員電車!
地方にいる時はまったく気づかなかったことだが、
東京生活は、殆どが歩き生活である。故に、まず、靴が丈夫じゃないといけない。
歩きが多いので、服もきちんとした方が良い。カバンもきちんとした物がいい。(安くても・・)
おしゃれな女性にはもっといいかも知れない。若い人の住む街としてはいい。

しかし、小さい赤ちゃんの育児には、交通手段が大変不便で危ないのである。
ある面、可愛そうなこともある。仕方ないことだが、帰りの時間に幼い子をを乗せたベイビカーの子は、何ともいえない哀れみなことを感じる。

数日前、ある番組で「山口県平生町の自然の中で保育する、おうち園」の紹介があった。
院長は、かつできちんとした会社勤め、国内外のボランティア活動の経験者で、志あって山口県の田舎の安い家を借り、農作も学びながら、自然の中で野菜栽培、家畜飼育、お米作りもやっている。

このような一連のことを全て、園児たちと一緒に行う。昼ねの時間もない、遊ぶことが満ちている。絵も書き、工作も行う、鶏を掴む、ヤギに餌をあげる、ウサギにも餌をあげたり抱っこしたり・・。何と言う、天国のような風景なんだろうか?

子育ては何であるか?
教育はどういうものかを新鮮に思えたひと時であった。

雨の東京!気持ちが沈み、線路の中に貴重な命を投げ出す人がいませんように・・・!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。