プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

最新コメント
Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・ジュンチョル氏の資料は使う価値にならない!

2011/03/26 15:21:53 | 統一運動 | コメント:0件

「ようのブログ」さんの記事を読めば、あんまりにも悪意に満ちた宣伝をし続けている。

特に、バク・ジュンチョル氏の記録を根拠に挙げているが、一考の価値もない資料である。

朴氏自らが、30年間統一教会の公職者として務めたが、本人自らが最初から嫌だったらもっと早く辞めたら良かったことであった。筆者が、1994年ソウルのノウォン教区に小さい教会の教会長として発令を受けた時、バク牧師は、教区本部の前任者であられた。本人が、現職の時に、本部の支援のもとで教会を建築したが、本部の意図に従わず、所属教会の信者たちとも色々の葛藤があって、信頼を失っていて、後任の教区長も直ぐ赴任することができなかったのである。

30年間も頑張ってきた人が自分の組織を蹴飛ばして出ていく時には、それなりの理由がある。教団からの措置に不服して、後には、キリスト教信者になって(本当に信者になったか分からない)、統一教会批判講演会をしながら、暮らして行かれた。ネット上にも(ハングル)批判内容があるが、あんまりにも悪意に満ちた歪曲された強弁である。普通、どこかの組織で、何かの不満で出て来て、丸きり反対で自分の組織を批判すれば、日本社会ではその人をどう見るだろうか?その人の文書を根拠として使うのはどれくらい信憑性があるだろうか。そういう内容を読んで、「なるほどー!」と判断すれば、そういう人に対して正常な判断力の持ち主と言えるだろうか。

バク氏は既に、亡くなっておられる。あんまり言うのも申し訳ないが...。
弟さんは現在統一教会信者であるが、兄バク氏がなくなる数日前、弟に夢に亡き父親が現れ、「あなたの兄が、あんまりにも大変なことをしているので先に連れて行く」と生々しい夢があったと伝えられる。わたくしは、一切触れたくはないが、ようさんのブログを読む方は、こういう内容も知ってバランス感覚を持って読んで頂きたい。バク氏に対する評判は、ソウルの元の教会に信者たちに確認して見れば、幾らでも証言できるものである。一考の価値もない資料を使うのは、辞めて頂きたい。日本の武士の世界でも、一度裏切った者は後も裏切る可能性もあるので、あんまり信頼しない。

ようさんは、本当に30年間信者だっただろうか?
実体(写真でも実名でも)を表して頂きたい。
記事への責任をとるべきであろう。


断食した後の喜びを知っているだろうか?
苦痛を越えた後に、喜びがあるものである。
苦しみを通過した時に、幸せを味が分かるのである。


マハトマ・ガンジーが言われた。
”憎しみは憎まれる人より、憎む人を傷つける”と。

いつか、文師が言われた。ある時、神様が現れて、
「鮮明よ!聞いてみな!あなたを死なせて、早く地獄に連れて行ってくださいと、キリスト教牧師たちが祈っているよ!”と。しかし、そのように祈った人々や無実な文師を監獄に入れた人々は、皆、先にあの世に呼び出された。文師は、裁く人々を憎んだり怨まれない。イエスの赦しの精神を実践しておられる。ので、メシヤなのだ。日本の歌にもある。愛は勝つと。文師を憎み、統一教会を憎む人は自ら疲れてしまうだろう。我々も、悪意に満ちたゴミのような時代遅れの批判記事を載せる方たちを憎みはしない。文師、言われた。対応しなくても、自然と霊界が整理すると。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。