韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本人のあり方!

筆者は韓国人だが、日本に暮らして満14年を超えようとしている。
その間、僅かながらの地域、人、歴史とのふれあいの中で、日本・日本人・日本文化というものはどういうことかと考えてきた。ある程度、整理されたのは、「和、誠、忍耐、素直さ、自然好き」と言っていいだろうか。

14年間、接して来た多くの日本人中で、皮膚で分かって来たのは、極めて日本人的、日本人らしい気質、性質は、70代以後の方には沢山現れるけれど、特に戦後教育を受けてきた世代には、著しい差があるという点である。私は、これは日本の良さの喪失だと思いたいのである。

75歳位の方は良く言われる。「日本は戦後、従来の良いものは殆ど忘れてしまった」と。

最近、「代表的日本人」を読んでいるが、感心そのものである。率直に韓国人の立場で胸打たれるのである。歴史の中で、時代精神が死んで行くと、災いが訪れる。個人に個性がありますように、国に国家的個性があるべきである。日本は日本の長所を生かすべきであるし、継承発展させていくべきであろう。

それが、「和、誠、忍耐、素直さ、謙虚さ、お返し、自分への充実」だと思う。

どうやら、日本統一教会の信者中でも、分析的な西洋思考に染まった連中が多い感じがする。可哀想なことである。森を見て木を見るべきであろう。主流がどこか、支流がどこかをしっかり見てほしい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2012/03/01 01:04 ] 思いが止まるところ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。