韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人類の救世主、メシヤ、再臨主、真の父母-文鮮明師の聖和(逝去)に謹んで追悼申し上げます

人類の救世主、メシヤ、再臨主、真の父母-文鮮明師が 2012年9月3日01:54に、韓国の清平「清心国際病院」で92歳の日記で聖和されました。頭を垂れ謹んでご冥福を祈り、哀悼・追悼の祈りをお捧げいたします。

激動の1920年1月6日(旧歴)北朝鮮の定州で生まれ、定州での小学校生活、ソウルでの中学生活、日本での早稲田大付属高校での電気科に入学され、独立運動、鹿島組での電気技師として暫くお勤め、統一原理を究明され、解放直前日警に拷問を受けられ、1945年解放直後、北朝鮮に宣教に行かれ堂々と天のみ旨を伝播、共産治下での牢獄生活、南下、釜山での新しい出発、1954年5月1日「統一教会創立」、1950年末日本、アメリカに海外宣教師派見、統一教会行合同結婚式を主催、主観、国際勝共連盟創設、真の家庭運動、南北統一運動、貧民救済運動、世界平和女性連合活動、宗教和合運動など数えきれないほど、活動を意欲的に展開してこられました。

一生の間、一日2時間以下の睡眠で、食と時間を惜しまれながら「全心全霊」をこめて生きてこられました。文師は万民のために深く祈り、歴史上誰より、万物を愛し、人を愛し、神様を愛してこられた生涯路程でした。

その永遠なる真の師であられる「文鮮明天地人真のお父様」の逝かれる道に薫り美しい花と歓迎の行列が絶えませんように心から祈り申し上げます。

文鮮明師は「あなたの永遠なる師であられ、あなたの人生と霊魂を救い出してくださるお方であられます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2012/09/04 07:48 ] 統一運動 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。