韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ブログの品格」

 人に人格があるように、ブログにも品格がある筈だ。ここの日本ブログ村が提供してくださった、「家庭連合」のカテゴリーは運営者側から見ると、どのように見えるだろうか。一言で、この統一教会人たちの世界は、何か精神異常者たちの集まりのように感じられるか心配である。自分たちの教祖様が亡くなられて、その御夫人が教祖様の遺業をより良き方向に導いて行かれようとするのに、特に「真の父母」と言うので、その御夫人の存在も重要である筈ので、そして、名前にも「統一」という単語が付いているので、もっと団結して行くべきなのに、息子さんたちは言う事聞かず、元幹部数人んが離反したというのは、外から見れば「裏切り」と「鞍替え」にしか見えない。一言で、自分たちの教祖様の教えに充実に従っていないことに見える筈だ。

外の人が見ると、猛烈な統一ブロガーの数人は、正に文章を「書きまくる」ものとしか見えない。
「あれが、統一信者たちの姿なのか?」
「あれ、酷いじゃない?」
「人面獣心だわ!」
「吐き気がする」 と、感じるしかない。

ブログも読んでくださる方がいる限り、ブログも小さな「言論」的使命がある。文鮮明師は、言論は「自由言論・道徳言論・責任言論」であるべきだと教えtて逝かれた。自由に取材し報道するけど、道徳的基準を失ってはいけないし、書いた記事には責任をもたないといけないという意味である。統一ブロガー皆が、尊敬する文師の「言論の3大使命」という観点で、ブログを書くのをご提案する。こういう基準で見る時に、ネット社会のこの時代に「名前も顔も、せめてメールアドレスくらいも」公開せず、様々な記事を乱発することをどのように考えたら良いだろうか。統一ブログに目を留める方たちは、以下の様な「ブログの品格」を考える次元で読んで頂ければ幸いである。

1.ブロ運営者(以下、ブロガー)が、ある程度の自己紹介をしているのか。

2.そのブログの記事に、どれくらいの真実性を保っているのか。

3.他人のブログ記事をコピーして、流してはいないか。

4.根拠なき推測性の記事や無責任に流しているのではないか。

5.下品な表現で、読む人の気持ちが悪くなるような記事は書いていないのか。

6.真の父母の価値を甚大に傷つけはいないか。例えば、ある人が他教団の教祖、教主ならどうなろだろう。

7.独創性や創造性は足りなく、人の論調の便乗した記事の内容ではないか。

8.記事の中身はあるかどうか。

9.教団本部の公文を無断に全載して流してはいないか。
(筆者からの携帯メールが伝送されて、そのままネットに載っている、他のブログにも世界の公文がそのまま乗っている。ここで、一々ブログ名を書かないのは、他ブロガーとは論争したくないからである)

こういう点に基づき、一方的な「人格冒涜、裁き一片度、無責任な書き放題記事」のメールは、我らの心霊を傷つけるのである。そして、統一食口でもない方に、教団内部の情報を提供することは、愚かな「利敵行為」のようなものである。いくらどうであれ、我ら統一群れは食口であり、家族である。あくまでも根元は、神様・真の父母様である。根本を揺るがすことは、我らの立っておる足場を崩すことと同じでことである。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/09/29 09:44 ] 私の随想録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。