韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真のお母様は永遠に真のお母様であられる。 孝進様の霊界からの叫び!

昨今、人類の真のお母様を揺るがす者たちが増えつつある。私たちを生み返してくださった真のお母様は永遠に真のお母様としてあり続けられる。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/10/08 22:18 ] 真の父母中心主義 | TB(0) | CM(2)
客観性
主観(自分の心で感じる内容)が大きく影響するのが、宗教界の常識かもしれません。その中で、統一原理は歴史や自然現象の中に神の存在を証明してみせてくれたので、私のような霊感に乏しいものにも神の存在を教えてくれることができたのだと思います。人の不完全さに忍耐することしかない神様ほど、哀れな方はおられませんね。
韓夫人の通られた道は女性には耐えられない道だったと思います。女性のお子様たちが、こぞって夫人の側に立ち、自由な結婚を求められたのも、不幸なお母さんの姿を見てこられ、その原因となったお父さんへの反発があったからではないでしょうか。「真の家庭に問題などありえない」という妄想はお捨て下さい。私も目撃してきました。それこそ血を流して復帰の道を歩いておられるのでしょう。
聖書に百の解釈があるように、真の父のみ言葉にも引用の仕方ではどうともとれる表現があります。部分を見るのではなく、何を言わんとしているのかを確認しながら進むしかありません。
日本の教会では韓国で語られることの何十パーセントしか語られず、スキャンダルは誤解を招く恐れがあるとして伏せられています。ご夫妻の一体感にもう長い間亀裂が入っていたことは、おそばで仕えた方々には事実でした。後は年老いて父が狂ったのか、母の不信なのか、二者択一なのですよ。
[ 2015/10/11 21:45 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/10/31 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。