韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

体の主体は良心、良心の主体は神様であります

6月3日であります。昨日、1日に228名を載せたエールフランス機がブラジルからパリに向かう途中で大西洋上空で消える事故が起ったという報道がありました。恐らく悲惨な事故と判断されます。

文鮮明師は多くの祈りを残されました。1956年(37歳)6月10日の祈りです。
「今、私たちが捜すべきものは私の心であり、成すべきものは体でございますので、それを捜し立てることができるようにしてください。そうして、お父様の本性の美を代身し、敬拝を捧げることのできる一固体として立ててください。お父様の前に感謝と栄光の歌を捧げることができるように許諾してくださり、これがご苦労されるお父様の目的であったことを、私たちが骨身に染みて感じることができるように許諾してくださいますことを、お父様、懇切にお願い申し上げます」。

人間は結果的な存在であります。体と心の関係の中で、心は主体であります。心にも肉心と良心があります。この良心の究極の主体は神様であられます。神を知らない人生、神仏を大事にしない家系は必ず内的面で問題が起こります。良心に力が必要です。その力は神様から賜るものです。

「神様ー!天のお父様ー!」と呼ぶべきです。我々は神の子だからです。

-成城教会長拝-



スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/06/03 07:09 ] 今日のメッセージ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。