韓日一つ

文鮮明師と韓鶴子総裁の思想と生涯を正しく伝える、韓国と日本の長所を伝える、日韓の友好・親善を広げる、韓日・日韓の一つになる日を目指す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

物にも心が潜んであり・・・!

6月15日、月曜の朝を迎えました。今日は曇り空です。
数年前、長野県の安曇野に住んだ期間がありました。曇るの漢字は、日の下に雲と書きます。上は日差しが射すのに、下は雲がかかっている。安らかな曇りの野原が安曇野でした。
穂高の大旺わさび農場は有名な観光地でもあります。

現代科学によると、植物にも心のようなもの(植物心)があると言われ、「花や植物に愛の言葉をかけるともっと伸び伸び成長する、和睦な家庭雰囲気でのはちの植物が成長が早い、水にも愛の言葉をかけ、感謝の心で飲むと水の成分が変わる」とよく言われます。

一流企業、生産性と効率性高い組織こそ、清潔・物の管理が驚くほどスッキリしています。人間の心も、自分を大事にしてくれる方に何か良くして差し上げたい気持ちが湧くように、物(品、金)にも心の部分があるならば、大事に扱ってくれる人・組織に、恩返したいという心が生じるのは当然なことと思います。

「一円を無駄にする人は一円で泣く」と言われます。今のアメリカの経済没落は、世界的経済危機は、物欲万能主義、享楽主義への驚鐘を鳴らす天の警告だと思います。物を大切にするべきです。自分が飲んだ缶やビンを何処でも捨てる行為をする人、タバコを吸った後何処でも捨てる社員がいる会社はお客から遠ざかっていくと思います。その道をいつか自社の物を買ってくれるかも知れない予備お客さんが通るからです。

物を大切に使う人は霊的感性も伸びて行きます。物の集結が人間ですので、物を大切に使える人こそ、人も大切に接する事ができるのです。そういう人と家庭、組織、国はどんどん伸びて行くでしょう!
                                     
                              -東京の曇空の下で、成城教会長拝-


ブログランキングに参加しています。よろしければ、One Click!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/06/15 07:48 ] 今日のメッセージ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。