プロフィール

韓日一つ

Author:韓日一つ
文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻を生涯の師とする韓国人責任者の一人、日本生活18年目、文師ご夫妻の思想と生き方を正しく紹介する。家庭連合(旧統一教会)の諸活動を総合的に伝える。自由・道徳・責任言論の観点で記事を書く。ここの記事は一個人の見解で、教団の公式的な見解ではない。訪問者の方々に感謝!コメントには誠心で答える。

PCメール: hhyju888@gmail.com

最新コメント
Gallery
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

人事は天事、統一教会(家庭連合)の新しい中心は、文善進様である

2015/02/19 00:03:17 | 思いが止まるところ | コメント:0件

2014年2月12日(天暦1月13日)基元節1周年記念式典の場で、韓鶴子総裁から、文善進様が「天一国最高委員会会長、天政苑長、世界宣教本部長」として人事任命を受けられた。只今、統一教会の教祖であられる、文鮮明師・韓鶴子総裁を遺志と意向を代行される方は、言うまでもなく、「文善進様」であられる。これは、人事であり、誰でも天の人事に不服することはできないのである。孝子・孝女は親の意向を良く察し、その意中とおりに行...続きを読む

二つの記事の削除理由

2015/02/18 23:44:05 | 一言の提言 | コメント:0件

拙い小生のブログに目を留めてくださる見知らぬ方々にお礼を申し上げます。先日アップした、「文鮮明師の聖和直前の状況について」と「文亨進前世界会長の映像説教の問題点について」の記事は、削除させて頂きました。理由としては、食口の一人として「良心宣言」のような気持ちが強かったですが、永遠に崇敬する天地人真の父母様の聖和や御子息の方の話しをネット空間に載せるのは不敬だと気付いたからです。関心をもって読んでく...続きを読む

韓日・日韓はもっと親しくなろう。

2014/04/06 00:16:51 | 思いが止まるところ | コメント:0件

ここ数年間、韓国:日本の間に、中々近くになれない状況が続いている。韓日の峠を越え、両国の間で生まれた子を育てる立場で、何としても韓日が上手く行ってほしいのだ。韓国は、文鮮明師のように過去の日本を許し、日本は、歴史の傷跡を綺麗に治癒してくれれば、もっとも良い関係になるだろう。お互いに、相好訪問や歴史問題に関する、民間次元の交流を活性化していくこともその良い方案であろう。文化、芸術、学術の面での活発な...続きを読む

再臨メシヤの祈り 「イエス・キリストの心情を体恤させてください!」

2013/12/24 13:26:42 | 金言・名言 | コメント:0件

 お父様!愛する弟子たちを残しておき、十字架の峠を越えて永遠なる世界へ行かなければならないイエス様の心情を分からせてくださり、3年間、喜怒哀楽を共にしながらついてきた愛する弟子たちを、あなたの膝の前に集めておき、案じられ、懇切に請われたイエス・キリストの心情を体恤することができるよう許諾してください。 心で酌み取り、体で体恤し、それに応える事のできる心が天に染みわたり、地上の人間を動かし、その心が...続きを読む

クリスマス(イエス誕生)の真の意味

2013/12/23 16:02:41 | 思いが止まるところ | コメント:0件

12月25日は世界的な祝日のクリスマス(Christ+Mass、キリストに捧げる礼拝の意味)である。本来は、主イエスの誕生を御祝いする祝日であるべきだが、何やら「サンタさんからのプレゼント貰いや商売繁盛のシーズン」のイメージが強いのが日本での印象である。1.イエスの誕生日はいつなのか。先ず、12月25日はイエスの誕生日ではない。(ある教派は1月6日、ある教派では1月7日を過ごしている。)歴史に定かな記録がないからだ。35...続きを読む

張成澤粛清の後、北朝鮮エリート70名脱北、亡命の動き!

2013/12/19 16:35:58 | 統一運動 | コメント:0件

2013年12月19日の韓国世界日報の報道によると、張成澤粛清の後、海外外交官出身ではなく、北朝鮮内の張成澤側近者のエリート幹部の中で、略70名が既に脱北し、中国政府の保護に下にいるか、韓国情報機関の保護の下にいて、一部の幹部は、韓国での亡命を願っていると言われる。韓国情報当局では、一部脱北エリートから「北朝鮮の核実験とミサイル開発、韓国内の北朝鮮スパイ名簿など核心情報が含まれた資料を確保していると知られる...続きを読む

統一教会の素晴らしさ!

2013/12/07 17:29:51 | 思いが止まるところ | コメント:0件

統一教会の素晴らしさに対して考えて見る。1.統一原理という偉大な真理がある。どの宗教も哲学も包容できる宇宙的な理念である。2.共産主義の理論の矛盾を克服できる、理念体系がある。3.世界の哲学・思想を包括し、善導できる統一思想がある。4.真理と理念の下で、具体的な実践と現実の実績の基盤をもっている。5.世界194ヵ国以上に、文鮮明師・韓鶴子女史=天地人真の父母を中心に人類大家族を形成している。6.主イ...続きを読む

韓日の接点の尋ねて

2013/12/07 17:16:41 | 思いが止まるところ | コメント:0件

韓日の歴史的な葛藤を越え、より良き関係に進むことを望み、書くのである。韓国は半島地形、男性的、乾燥気候で、降雨量は日本より少ない、水は硬水、親や年寄りを大事にする伝統あり、悟りを求めて山の奥に行って修行する人も多い、向上心が強い、負けず嫌い、愛国心が強い、料理には愛情を注ぐ、弁当はあまり好きでない、言葉の感情表現が豊か、詩が多い、日本は火山列島・島国、女性的、湿度高い、降雨量多い、水は軽水、自然豊...続きを読む

한일관계 개선에의 제언

2013/11/16 14:11:32 | 一言の提言 | コメント:0件

한국의 정치인들은 일본의 주간문춘의 보도에 신경을 곤두세울필요는 없습니다. 주간지의 보도는 상업성이 짙어 일본국민에게 자극적인 기사를 실기 일수입니다. 기자분들도 자극적인 기사에 민감하게 반응할 필요도 없을 것입니다. 개인에게도 자존심이 있듯이 국가에도 자존심이 있을것이고, 국제관계를 잘 풀어가고 싶어도 국민의 여론과 의식을 무시할수 없을 것입니다. 일본인들을 개인적으로 만나보면 한일의 역사문제에 대...続きを読む

増補版「天聖経」は、真のお父様の原文み言にもっとも充実している。

2013/07/24 20:22:08 | 統一運動 | コメント:0件

目下、文鮮明師(以下、真のお父様と称す)のみ言集である、「天聖経」の増補版編纂に対して誤解の行動がネット上で、韓国であったと伺う中にいる。先日(7/18)、日本の「全国牧会者会議」の場で、「天聖経」に対する、韓国楊昌植総会長からの説明があった。天一国経典編纂委員会では、以前の天聖経文章全ての出処を原本対照しながら再度確認作業が行なったそうである。その結果、第一、総7560節の中で、重複された所が960節、変...続きを読む

真の御父母様の万物観!

2013/07/24 08:29:19 | 金言・名言 | コメント:0件

統一教会の中で、真の父母様の教えの中で、韓日・日韓は既に一つ!

2013/07/22 20:31:01 | 思いが止まるところ | コメント:0件

韓国の新しい「朴槿惠政権」発足の後、韓米、韓中頂上会談は行なわれたものの、「韓日頂上会談」が成されないことに対し、一部では両国関係を危うく声が存在する。長い歴史の中で、韓日・日韓ほど近い関係がないのに、日本による植民支配36年問題は(日本国内では知られないことも多く)中々、韓国人としては消え去れない感情的なところが多く残っている。筆者自身、日本に来て暮らしながら客観的に「朝鮮末期」の状況を考えた時に...続きを読む

ブログ名、「韓日統一教会人」から「韓日は一つ」への変更に際し

2013/07/21 06:00:56 | 統一運動 | コメント:0件

この度、小生のブログ、「韓日統一教会人」を「韓日は一つ」に変更させて頂きます。いつも、拙い文に目を留めてくださる顔知らぬ方々に心からの感謝を申し上げます。天地人真の父母様(=文鮮明師、韓鶴子女史)の教えに基づき、韓日国際家庭として結婚し、ここ16年間日本で国と民族を超え暮らして来た者として感じたこと少なくありません。日本の良さを沢山感じて参りました。住めば都のせいもあったでしょう。日本の先祖は渡来人...続きを読む

掃除がもたらす良さ!

2013/07/19 20:13:54 | 思いが止まるところ | コメント:0件

筆者が尊敬するイエローハットの創業者-鍵山秀三郎先生がおられる。30年以上、自ら掃除・ゴミ拾いを実践してこられた。トイレ、下水道、道路の植木のところを素手で掃除をされる。特に、トイレの素手掃除は有名な話である。筆者も数年前から、行なっておるところだが、中々気持ちが清々しくなる。統一原理に万物にも性相的な部分(=万物心)があると言われるが、雑巾で床を綺麗に拭くと何気なく、床が喜んでくれるのを感じる。玄...続きを読む

肯定が生み出す力

2013/07/18 20:49:39 | 思いが止まるところ | コメント:0件

肯定の力という言葉がある。個人の人生の難関や時代の矛盾に対して、素直に受け入れて、解決を模索して行けば、良き方向に進められるのである。統一教会(世界平和統一家庭連合、以下、家庭連合)に対する様々な見方がある。沈黙する多数は肯定的に歩んでいるが、声を出す少数は否定的な面を公けに宣伝し続ける。その背景には、宗教的素養として言われる、「許し、寛大さ、包容」ではない、「憎しみ、怨み、代案の無い批判」の方が...続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。